ホーム > 公募情報補助金:採択 / 中小企業支援地域資源活用事業 / 食関連事業公募・採択 / サービス・観光産業振興公募 / 中小企業課

ふるさと名物応援事業補助金(小売事業者等支援事業・ふるさと名物開発等支援事業)の採択者を決定しました

平成27年6月9日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省では、平成26年度補正予算ふるさと名物応援事業補助金(小売事業者等支援事業・ふるさと名物開発等支援事業)について、北海道から11件の事業を採択しました。
 本事業は、地域資源の魅力を生かした「ふるさと名物」の開発や販路開拓の取組に対する補助を行い、流通増大や消費者へのブランド訴求力を高めるなどを通じて、地域の中小企業・小規模事業者の振興と地域経済の活性化を目指すものです。

北海道の採択案件一覧(平成26年度補正予算分)

【小売事業者等支援事業(4件)】

 小売事業者等が、市場動向の情報等を、ふるさと名物の製造業者にフィードバックするなど、小売り側と製造側が連携し、消費者嗜好を捉えた商品の開発や改良を行うための取組。

事業者名 事業名
○(一社)北海道中小企業家同友会オホーツク支部
(北見市)
オホーツク産素材を活用した食材等の販路開拓支援
○(一社)WoodLife協会
(札幌市)
トドマツ家具の地域ブランド化の推進
○(株)十勝毎日新聞社
(帯広市)
読者コミュニティ網を効果的に活用したふるさと名物の市場調査と需要拡大
○(株)北海道新聞社
(札幌市)
北海道の魅力を発信「北海道ブランド発信プロジェクト」

【ふるさと名物開発支援事業(7件)】

複数の中小企業・小規模事業者による「ふるさと名物」の消費者に対するブランド訴求力を高める取組。

事業者名 事業概要
○どさんこミュゼ(株)
(七飯町)
道南地方の自然資源を活かした体験観光プログラムの開発及びブランド化
○農事組合法人共働学舎新得農場
(新得町)
北海道十勝の牛乳と温泉を活用した新タイプのチーズの開発と販路拡大、着地型観光ツアーによる交流促進
○(有)五日市
(帯広市)
牛肉・野菜を使った『十勝産100%』ブランドハム・ソーセージの商品開発
○(有)フラノ・クリエイティブ・シンジケート
(富良野市)
ドラマ『北の国から』の魅力を活かした新商品の開発、販路開拓及び地域ブランドの強化
○旭川家具工業協同組合
(旭川市)
北海道産材を活用した旭川家具プロモーション
○(株)北国からの贈り物
(弟子屈町)
北海道素材を活用した機能性食品・特産品・化粧品のブランド化と販路開拓
○羅臼漁業協同組合
(羅臼町)
現代の食生活に合わせた羅臼昆布のブランド構築及び、間引き昆布の商品化

採択状況と内訳(平成26年度補正予算分)

  小売事業者等支援事業 ふるさと名物開発等支援事業
全国 39件 71件
うち北海道 4件 7件

 全国の採択案件については、小売事業者等・ふるさと名物開発等支援事業事務局のウェブサイトをご覧ください。

参考:事業概要

【ふるさと名物応援事業概要】

《小売事業者等支援事業》

 本事業は、小売事業者等が地域産業資源を活用した「ふるさと名物」等の製造事業者等と連携して行う、「ふるさと名物」等に関する市場動向等に関する情報を製造事業者等にフィードバックし、消費者嗜好を捉えた商品の開発や改良に繋げるための取組等に要する経費の一部を補助するものです。

※補助対象者は下記のいずれかに該当する法人格を有する民間の企業・団体等であること。
  • 他者が製造した商品を販売している者
  • 他者が製造した商品を販売している者とネットワークを有している者
※補助率:
2/3以内、補助限度額1,000万円(大企業以外の民間企業、団体)
1/2以内、補助限度額1,000万円(大企業)

《ふるさと名物開発等支援事業》

 本事業は、複数の中小企業・小規模事業者による地域産業資源を活用した「ふるさと名物」等の消費者に対するブランド訴求力を高める取組等に要する経費の一部を補助するものです。

※補助対象者は下記のいずれかに該当する者であること
  • 中小企業者として対象となる組合等
  • 中小企業者として対象となる組合等又は中小企業者として対象となる会社及び個人からなる4者以上の連携体
※補助率:
2/3以内、補助限度額2,000万円

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 産業部 中小企業課