ホーム > 中小企業支援地域資源活用事業 / 中小企業課

中小企業地域資源活用促進法に基づく中小企業者の事業計画を認定(平成19年度第3回)

~ 新たに13件が認定され、北海道の認定総数は31件、47都道府県中最多 ~

平成20年2月25日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局及び関係各省は、平成20年2月22日付けで「中小企業地域資源活用促進法」第6条の規定に基づき、中小企業者から申請された13件の「地域産業資源活用事業計画」について、平成19年度第3回目の認定を行いました。

 全国の認定件数は本日現在で、全国で278件となっていますが、うち北海道は今回認定した13件を加えると31件となり、これは47都道府県中最多の認定数です。認定した13件を地域資源別でみると、(1)農林水産物 10件、(2)産地の技術 2件、(3)観光資源 1件となっており、事業を実施する地域としては、札幌市、函館市、北斗市、旭川市、北見市、厚沢部町、清水町、津別町、斜里町の10地域となっております。

 認定を受けた中小企業者は、試作品開発や販路開拓に対する補助、設備投資減税、信用保証の特例、政府系金融機関の低利融資等の各種支援施策を受けることが可能となります。

 なお、試作品開発等を支援する「地域資源活用売れる商品づくり支援事業(補助金)」の平成20年度第1回目の北海道地域の公募を本日2月25日から3月14日の間に行うことになっています。

地域資源活用売れる商品づくり支援事業(補助金)について

【公募期間】
平成20年2月25日(月)から3月14日(金)(17:00必着)
【事業概要】
地域資源を活用した新商品・新サービスの開発、販路開拓のために行う市場調査、研究開発に係る調査分析、新商品・新役務の開発、展示会等の開催又は展示会等への出展などについて補助します。(2/3以内)
【交付の対象】
中小企業の地域産業資源活用事業計画の認定を受けた中小企業者が申請出来ます。

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 産業部 中小企業課