ホーム > 中小企業支援新連携事業 / 中小企業課

中小企業新事業活動促進法に基づく新連携計画の認定について(平成21年度第3回)

~ 新たに3件を認定し、これまでの認定総数は54件 ~

平成21年12月4日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局は、平成21年12月4日付けで、「中小企業新事業活動促進法」第11条の規定に基づき、中小企業者から申請された「新連携計画」3件の認定を行いました。

認定事業

コア企業 テーマ
(株)ハンダ
(PDF形式/351KB)
中小飲食店・レストラン向けバイオ方式小型業務用生ゴミ処理機の開発・製造・販売
(函館市:一般機械器具卸売業)
空知単板工業(株)
(PDF形式/382KB)
極薄カーボンヒーターと単板及び木材等を使用した遠赤外線暖房用品の開発、販売
(赤平市:単板製造業)
(株)小樽フィッシャーマンズキッチン
(PDF形式/351KB)
多対多のWebEDI機能(情報のマッチング)と、実業であるサプライチェーン(物の流れ)の二つ機能を一体化し、北海道ブランドの食材をセントラルキッチンとして提供するサービスの事業化
(札幌市:冷凍調理食品製造業)

【制度の概要】

 異分野の中小企業等が連携し、単独ではできなかった新商品、新サービスの開発・販売等新たな事業を行う計画について、国が中小企業新事業活動促進法に基づき認定します。
 認定を受けた事業計画を実施する中小企業者は、補助金、信用保証の特例、政府系金融機関の低利融資等各種支援制度の活用や、北海道地域活性化支援事務局のハンズオン支援を受けることができます。

参考資料


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 産業部 中小企業課