ホーム > 公募情報補助金:採択 / 中小企業支援新連携事業 / 中小企業課

北海道地域の新連携計画の第1弾認定案件について

平成17年7月8日
経済産業省北海道経済産業局

概要

  1. 経済産業省では、本年4月に「中小企業新事業活動促進法」を制定し、異業種連携により新事業にチャレンジする中小企業を支援する「新連携支援」制度を新設しました。
    この制度では、2以上の中小企業(この他に大企業、大学、研究機関などの参加が可)が連携して行う「新連携計画」について、「連携効果」、「新事業性」、「市場性」等の観点で優れており、経済産業省北海道経済産業局等が認定する計画には、「補助金」、「政府系金融機関の低利融資」、「税制優遇」などの各種支援メニューにより、強力にバックアップします。
  2. 北海道経済産業局では、今般、北海道地域の第1弾認定として、7月7日付けで以下の4件の「新連携計画」を認定しましたので、お知らせします。
  3. これら計画の特徴は、次のとおりです。
    (1)「食」、「農業・酪農」、「着氷雪の防止」といったキーワードの北海道の特色を活かしたテーマです。
    (2)連携体の中心となるコア企業が他者にマネされない高度な「特許技術」(出願中も含む)をベースに、製品の差別化を図っております。
    (3)連携体に参加する企業は、製品・技術のレベルアップ、マーケティング等の役割を担当、大学・試験研究機関は、技術・専門的知識のアドバイス等を担当し、産学官連携により、各自の「強み」を持ち寄って、「売れる商品」の開発・販売を行うものです。
  4. 計画へのサポート
    (1)個々の案件に応じて、商工組合中央金庫、中小企業金融公庫、北洋銀行が金融面のサポートを行うとともに、補助金、税制優遇などの各種メニューをパッケージで支援します。
    (2)中小企業診断士等の専門家を配置した新連携支援北海道地域戦略会議事務局(独立行政法人中小企業基盤整備機構北海道支部に設置)が、「新連携計画」(3~5年計画)の出口(事業化)に至るまで、きめ細やかにコンサルティングします。
  5. この新連携支援北海道地域戦略会議事務局には、法施行日の4月13日から6月末までの間に61件の相談が寄せられております。
    当局では、今後も有望な案件を多数認定していきたいと考えております。

認定計画の内容

コア企業:
(株)味のネットワーク(函館市)(PDF形式/124KB)
テーマ:
レトルト食品用自動販売機による北海道らしい食品の販売
~忙しいビジネスパーソンに「小腹癒し」食品を手軽に提供!~
コア企業:
東洋農機(株)(帯広市)(PDF形式/95KB)
テーマ:
ビート(てんさい)の新移植機械の開発による市場開拓
~新技術により糖分量アップ、北海道農業の基幹作物の高付加価値化!~
コア企業:
(株)倉本鉄工所(北見市)(PDF形式/93KB)
テーマ:
フッ化ピッチを用いた超撥水性溶射皮膜製品の開発・販売
~列車、構築物等への雪・氷の付着防止性能の高度化!~
コア企業:
(株)ロム(札幌市)(PDF形式/141KB)
テーマ:
北海道産の家畜飼料用添加サプリメントの開発・販売
~独自のバイオ技術により飼料の高付加価値化を図る!~

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 産業部 中小企業課