ホーム > 公募情報補助金:採択 / 中小企業支援新連携事業 / 中小企業課

北海道地域の新連携計画の第5回認定案件(1件)について

~ 制度スタート以来約1年で合計14案件を認定! ~

平成18年3月24日
経済産業省北海道経済産業局

概要

  1. 経済産業省・経済産業省北海道経済産業局では、平成17年4月から異分野の中小企業、大学、研究機関などがそれぞれの「強み」を持ち寄って連携し、新事業にチャレンジする取組を支援する「新連携支援」制度を推進しております。
  2. 本制度は、北海道経済産業局等が(1)連携性、(2)新事業性、(3)市場性等に優れている案件(新連携計画)を認定し、各種メニューによりビジネスの拡大を支援するものです。
  3. 北海道経済産業局では、昨年7月7日の第1回認定(4件)を皮切りに、これまで計4回(13案件)の認定を実施しており、本日付けで第5回として以下の「新連携計画」を認定しましたのでお知らせします(制度スタート以来約1年で合計14案件を認定)。また、この14案件の特徴、各種データ、支援メニューの活用状況等についても以下のとおり、まとめました。
  4. 当局といたしましては、今後も多くの有望案件を認定するとともに、認定案件は当局と新連携支援北海道地域戦略会議事務局の専門家が、きめ細やかなフォローアップを実施し、100%事業化を目指します

第5回認定案件のテーマ

14
コア企業:
(株)帝国設計事務所(札幌市:建設コンサルタント業)(PDF形式/74KB)
テーマ:
高性能橋梁点検ロボットを利用した橋梁点検診断システムの開発・販売
~電子カルテ(点検調書)を作成、橋梁の同一箇所の経年変化の観測も可能~

これまでの認定案件(14件)の特徴

  1. 北海道地域では、「食」(3件)、「農業」(2件)、「漁業」(2件)、「バイオ」(2件)といった北海道の特色を活かしたテーマが並ぶ。このような特徴があるため、北海道経済産業局と農林水産省の連名認定案件は6件。また、公共事業削減傾向の中、建設関連企業の新事業展開を図るテーマ(4件)も特徴。以上の案件は、他者がマネできない高度な特許技術等をベースに、製品・サービスの差別化を図っていることがポイント。
  2. 認定案件(14件)の計画終了まで(5年間)の売上高目標の累計は212億円(平均15億円)、営業利益目標の累計は38億円(平均3億円)とビジネスが大幅に拡大する予定。
  3. 認定案件(14件)では、各種支援メニューをパッケージで活用。「補助金」(14件)、「政府系金融機関の低利融資」(10件)、「設備投資減税」(13件)、「特許料の減免措置」(8件)、「信用保証の特例」(6件)。※以上の件数は今後の活用予定も含む。
    金融支援については、政府系金融機関だけではなく、民間金融機関からの融資も実行

○金融支援(融資総額):17億円(平均1.3億円/13案件)

認定案件の100%事業化を目指す!

 当局及び戦略会議事務局は、認定案件の100%事業化を実現するために、定期的(四半期ごと)にコア企業等を訪問し、新連携計画の進捗状況等のフォローアップを実施。この際、技術開発、資金調達、人材育成、マーケティング等の様々な経営課題へのコンサルティングをきめ細やかに実施(計画期間5年間継続)。

(株)味のネットワーク(函館市)をコア企業とする「海鮮おでん、イカめし等の北海道らしいメニューのレトルト食品を自販機型グルメロボットで提供」する新連携計画が、早ければ、今年4月に第1号の自販機の設置を行い、事業化の第1歩を進める予定


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 産業部 中小企業課