ホーム > 公募情報委託事業:採択 / ものづくり産業活性化公募・採択 / 中小企業支援 / 技術・知的財産技術開発支援(補助金・委託費) / 産業技術課

平成27年度サポイン事業(戦略的基盤技術高度化支援事業)の採択を決定しました

平成27年7月30日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局では、平成27年度「戦略的基盤技術高度化支援事業」について、2件の事業を採択しましたのでお知らせいたします。

 本事業は、「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律」に基づき、中小企業のものづくり基盤技術(デザイン開発、情報処理、精密加工等)の向上につながる研究開発、試作品開発から販路開拓までの取組を一貫して支援することを目的とした事業です。

採択件数

北海道 2件/全国 143件

採択案件一覧

研究開発計画名 1.事業管理機関名
2.法認定事業者名
主たる技術 研究開発の概要
沿岸域の漁場管理を漁業者自ら行うための漁場情報速報システムの構築
  1. (一財)函館国際水産・海洋都市推進機構
  2. (株)ソニック
測定計測  沿岸漁業における漁場情報は、漁業経営及び魚の資源保護を行う上で必要な情報であるが、卵稚仔調査や漁獲データなどを用いて行われており、解析に時間を要し、漁業者が求めているリアルタイム情報を提供できていない。
 そこで本研究開発では、音響手法の魚群探知機にて漁場情報を得て、その情報を漁業者にリアルタイムに提供し、漁業者自らが漁場管理を行えるシステムを構築する。
大型特殊鋳物用メゾスコピック耐熱耐摩耗多合金鋳鉄材料の開発
  1. 国立大学法人室蘭工業大学
  2. 岩見沢鋳物(株)
立体造形  鉄鋼業は巨大な装置産業であり、設備技術は鉄鋼製造設備の建設から保全さらに寿命延長と鉄作りの基礎を支えてきた。
 製鉄設備に用いる主要部品は、摩耗や熱亀裂などの損耗が激しく、機能保持やコストが長年の課題となっている。
 そこで、本研究開発では、メカニカルアロイング技術を用いたメゾスコピック耐熱耐摩耗多合金鋳鉄を開発し部材の長寿命化を図る。

参考

 サポイン事業(戦略的基盤技術高度化支援事業)については以下をご覧ください。

問い合わせ先

経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 産業技術課
TEL:011-709-2311(内線2587~2589)
FAX:011-707-5324
E-mail:hokkaido-gijutsu@meti.go.jp


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 産業技術課