Welcome invention, device and patent world
発明・工夫と特許の国へようこそ
外国での特許の取得はどうなるの
人類の発明と発見の歴史 身近な発明品
携帯電話には産業財産権がぎっしり 意匠制度
道具の発明・発見の歴史 発明家を何人知っているかな
発明ってなんだろう 商標制度
もう少し特許について勉強してみよう 子供だって特許は取れる
特許になる発明とは 実用新案制度
特許の歴史を旅しよう 発明クイズ
特許になる発明を見つけよう 特許情報ってどんなもの?


アイデア活かそう未来へ

21世紀は「知恵の時代」といわれています。
特許制度はみなさんの「発明」や「ものづくり」を、人類の幸せのために活かす制度です。
特許があれば、安心して「発明」や「ものづくり」を行うことができます。
そうして、新しい社会をおこし、その社会を一層発展させることもできますし、
特許によって得た利益で、また、新しい発明をすることもできます。

みなさんはどうしたら発明家になれると思いますか?
発明王といわれたトーマス・エジソン(アメリカ)は実験材料を買うために働き、
多くの発明品を世の中に送り出しました。
「天才とは、1パーセントのひらめきと99パーセントの努力によって生まれる」と、
努力することがいかに大切かを話しています。
また、偉大な科学者であるルイ・パスツール(フランス)も
「幸運は準備された心を好む」と言っています。
いつも「どうしてこうなるのかな?」「どうしたらもっとよくなるかな?」
といった好奇心を持つことが「発明」や「ものづくり」には大切なことです。

生活を便利にする発明、人々の健康を守る発明、環境を守る発明・・・
発明のヒントは、みなさんの身の回りにたくさんあるはずです。

地球の資源には限りがありますが、
人間の創造性、発明やものづくりに対する好奇心には限りがありません。
みなさんが創造性の豊かな社会を作り上げていくことで、
資源の少ない日本も、未来に向かって発展を続けることができるのです。

経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 産業技術課 特許室


北海道経済産業局ホームページへもどる