ホーム > 消費者行政特定商取引法 / 消費経済課

SNSの思わぬ落とし穴にご注意!

~ 消費者トラブルのきっかけは、SNSの広告や知人から? ~

平成26年4月28日
経済産業省北海道経済産業局

 国民生活センターでは、SNSに関連した相談事例を紹介し、消費者トラブルに遭わないためのSNSの利用の注意点等について情報提供しておりますので、お知らせします。

※SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは自己のプロフィルを登録・公開することで、インターネット上において友人・知人等とつながり、交流できるウェブサイト・サービスのこと。

相談事例

1.SNSに表示された広告がきっかけとなったトラブル

【事例1】
SNSの広告を見て「お試しサプリメント」を注文したが、定期購入になっていた
【事例2】
ネットでしわ取りクリームのサンプルを申込んだが、定期購入になっていた

2.SNSの知人がきっかけとなったトラブル

【事例3】
SNSで知り合った相手から出会い系サイトに誘導された
【事例4】
SNSの知人から、マルチ商法に勧誘された

消費者へのアドバイス

  1. SNSに表示される広告や、登録する情報の確認をする 。
    • SNS上の広告のみでなく、広告からリンクされた先の通販サイト等の内容も確認する。
    • SNSに登録・掲載する情報についてよく確認・検討する。
  2. SNS上で知り合った相手の書き込み内容等を、全てうのみにしない。
  3. トラブルにあった場合、消費生活センター等に相談する。

本件に関する相談先

 困ったときは、当省消費者相談室又は各経済産業局消費者相談室のほかお近くの消費生活センターや警察にもご相談ください。

参考


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 産業部 消費経済課