ホーム > 消費者行政特定商取引法 / 消費経済課

相談急増!大学生に借金をさせて高額な投資用DVDを購入させるトラブル

平成26年5月13日
経済産業省北海道経済産業局

 (独)国民生活センターでは、大学生が借金をさせられて高額な投資用DVDを購入させられるトラブルが急増している旨を注意喚起しておりますので、お知らせします。

トラブルの特徴

  1. 勧誘者は友人や先輩。勧誘目的であることを明かさず喫茶店等に呼び出され、その場で投資用DVDを購入するように勧誘を受けています。
  2. うそをつかせて借金をさせ、現金で投資用DVDを購入させています。
  3. 契約後に、他人を紹介したらマージンが得られることを説明し、DVDを購入した大学生に友人等を勧誘させています。

その他

  • 20歳以上の大学生が勧誘されています。
  • 親が子どもの借金を肩代わりするケースもあります。

消費者へのアドバイス

  1. 友人や先輩から勧誘されても安易に契約しないでください。断りにくい状況になったとしても、内容が十分に理解できなければはっきりと断りましょう
  2. 借金をして契約しても返済できなくなる場合が多いため、借金の重大性をよく理解し安易に借金をしないようにしましょう。
  3. 友人を紹介し契約させると人間関係の崩壊や金銭トラブルになるおそれがあります。また、特定商取引法の訪問販売等に該当する場合、行政処分や罰則を受ける可能性があります。
  4. 特定商取引法で定められている書面を受け取った日から8日間はクーリング・オフができます。少しでも不安や疑問を感じた場合は、すぐに大学や消費生活センターへ相談してください

本件に関する相談先

 困ったときは、当省消費者相談室又は各経済産業局消費者相談室のほかお近くの消費生活センターや警察にもご相談ください。

参考


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 産業部 消費経済課