ホーム > イベント・行事カレンダー表彰 / 産業人材政策その他人材関連施策 / 産業人材政策室

「平成27年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」受賞企業が決定しました

~ 北海道から(株)ダイナックスが受賞 ~

平成28年3月16日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省は、女性、外国人、高齢者、障がい者等を含め、多様な人材の能力を活かしてイノベーションの創出、生産性向上等に取り組む企業34社を 「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定し、道内からは、(株)ダイナックス(千歳市)が選定されました。

北海道内の受賞企業

◆(株)ダイナックス(千歳市) 代表取締役社長 秋田 幸治

スピード感ある意思決定やビジネス展開に外国人など多様な社員が活躍する北海道の「真のグローバル企業」
 同社は、オートマチック車クラッチ部品メーカーとして1973年に設立。創業当初から、優秀な技術者を確保するため、多様な人材の能力を最大限に活かすマネジメントを実践してきた。
 国内市場が鈍化していた時期、「より一層のグローバル化を推進する必要がある」との判断から、スピード感をもって交渉していくため、外国人・女性・若手社員にも積極的に仕事を任せ、海外における営業力の強化を図っている。
 また、動きの速いグローバルビジネスに対応できる人材を社内で育てていくため、入社4年目前後の若手社員を社内選抜し、同社の海外拠点に研修生として1年間派遣している。2015年度の派遣者は、5名中4名が女性であり、実力に応じ積極的に機会を与えている。
 これらの取組が、海外におけるスピード感あるグローバルビジネスの展開、国内の製造現場における生産性等の向上に繋がり、国内外で競争力の高い企業として現在も成長を続けている。

「新・ダイバーシティ経営企業100選」について

 「ダイバーシティ経営」とは、「多様な人材が持つ能力を最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」を指します。
 経済産業省では、ダイバーシティ経営のすそ野を広げるため、様々な規模・業種の企業における「ダイバーシティ経営」への積極的な取組を「経済成長に貢献する経営力」として評価し、ベストプラクティスとして発信する「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)を平成24年度から実施しております。

全国の状況


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 産業人材政策室