ホーム > 公募情報その他公募情報:採択 / 産業人材政策 / 産業人材政策室

「第7回 キャリア教育アワード」受賞企業が決定しました

~ 北海道から初めて(株)アトリエテンマが受賞 ~

平成28年11月30日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省では、小学校から大学・大学院段階の子ども・若者等を対象に、優れたキャリア教育に取り組む企業及び経済団体等14者を選定しました。
 道内では初めて(株)アトリエテンマ(札幌市)が選定されました。

※「キャリア教育」とは、「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通じて、キャリア発達を促す教育」を指します。「職業体験活動」や「インターンシップ」といった職業に直接触れる体験だけでなく、国語・算数・理科などの授業の内容と実社会とのつながりを理解させる活動なども含まれます。

北海道内の受賞企業

【事業者名】
(株)アトリエテンマ(札幌市) 代表取締役 長谷川 演
【プログラム】
仕事体験・デザイナー体験 学校訪問授業「SHOP DESIGN」
運営:NPO法人アトリエテンマデザイン塾
【取組の概要】
 同社は1990年に設立し、飲食店、ホテル、クリニックなど幅広い分野で約1,000件に及ぶ店舗をクリエイトし、北海道を代表するインテリアデザイン企業として、札幌を拠点に国内外で活躍している。
 2008年、NPO法人アトリエテンマデザイン塾を設立。デザインを切り口に、子ども達が仕事を考えるきっかけになることを期待し、2015年度までに道内の小学校等延べ26校でキャリア教育プロジェクト「SHOP DESIGN」を展開している。
 本プロジェクトでは、生徒達が、サービスの考案から購買までの心地良さの全体をデザインした店づくりを通じて、厳しさやチームワークの大切さなどへの気付きを促し、本物を知る楽しさや驚きから生徒の興味へとつなぎ、働くことの意義、やりがいを考えるきっかけに繋げる授業を3日間かけて実施している。
 この取組により、生徒達が自分で考え、やり遂げようとする自立性、チームで協力していく協調性、自己の価値観と他者の価値観の違いを受け入れ認めていく社会性等、精神面の成長が養われ、学校・PTAをはじめ地域において高い評価を受けている。

「キャリア教育アワード」について

 経済産業省では、産業界による優れた教育支援の取組とその効果を広く社会で共有し、こうした活動を奨励・普及・促進することを目的として、2010年度より、企業や経済団体による教育支援の取組を公募し、優秀と認められる事例を表彰しています。

参考:全国の状況


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 産業人材政策室