ホーム > 公募情報その他公募情報:採択 / 北海道IT・バイオ産業クラスター北海道ITアジャイル戦略 / IT・情報政策IT利活用イベント・行事 / 情報・サービス政策課

「攻めのIT経営中小企業百選」に道内から2社が選定されました

~ 効果的なIT活用で成果を上げている中小企業を選定 ~

平成28年6月13日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省では、平成26年度から「攻めのIT経営中小企業百選」を実施し、3年間で計100社を選定することを予定しています。
 このたび第2回目として、ITの効果的な活用に積極的に取り組み、成果を上げている中小企業が27社選定され、このうち、北海道内からは、(有)斉藤砂利工業、(株)札幌デンタル・ラボラトリーの2社が選定されました。
(昨年の第1回は全国33社選定うち北海道からは2社選定)

攻めのIT経営とは

 我が国のIT投資は社内の業務効率化・コスト削減を中心とした「守り」に主眼が置かれているのに対して、外国企業では、製品・サービス開発強化やビジネスモデル変革を通じて、新価値の創出や競争力強化を目指す、「攻めのIT投資」を積極的に行っており、今後我が国においても「攻めのIT投資・利活用」を進めていく必要があります。

2016年「攻めのIT経営中小企業百選」道内選定企業

(有)斉藤砂利工業 <砂利採取業/中川郡幕別町>

クラウドシステムで屋外広域にわたる作業プロセスを一元管理

(株)札幌デンタル・ラボラトリー <その他(歯科技工)/札幌市>

システム共有による地域組織連携で、高品質、短納期、競争力強化を実現へ

 各企業の取組内容の詳細は、以下のウェブサイトに掲載の「2016年「攻めのIT経営中小企業百選」選定企業の概要」をご覧ください。

参考


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 情報・サービス政策課