ホーム > イベント・行事カレンダー / 北海道IT・バイオ産業クラスター北海道ITアジャイル戦略 / IT・情報政策イベント・行事 / 情報・サービス政策課

「フォーマルメソッド普及促進セミナー 2011 in 札幌」の開催について〜見えてきた形式手法の実用化と可能性〜

募集を締め切りました

平成23年6月27日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局では、北海道並びに(地独)北海道立総合研究機構とともに、7月22日に、「フォーマルメソッド普及促進セミナー2011 in 札幌〜見えてきた形式手法の実用化と可能性〜」を開催します。

 本セミナーでは昨年に引き続き「形式手法」の普及促進を通じた新たなビジネス機会創出を目的に、ソフトウェア開発に携わるIT企業を始め、ソフトウェアを活用するユーザー企業関係者等を対象に、我が国ソフトウェア開発の最先端の取組をご紹介します。

開催趣旨

 大規模なシステム障害等による経済社会への影響が顕在化する中、ソフトウェアの高信頼性確保は今や喫緊の課題となっています。

 こうした中、ソフトウェア開発仕様の曖昧性を排除し、品質を論理的に保証する技術「形式手法(フォーマルメソッド)」が注目されており、北海道管内においても研究開発プロジェクトが始動しています。

 ソフトウェアの高信頼性を確保し、併せて作業効率を高める可能性を秘めた開発手法である「形式手法」の今を知る絶好の機会となっておりますので、時節柄ご多忙とは存じますが、奮ってご参加いただきますようご案内いたします。

開催概要

【日時】
平成23年7月22日(金)14:30〜17:00
【会場】
ニューオータニイン札幌 2F 「鶴の間」
(札幌市中央区北2条西1丁目 TEL:011-222-1111)
【主催】
経済産業省北海道経済産業局、北海道、(地独)北海道立総合研究機構
【共催】
(独)情報処理推進機構(IPA)
【後援】
(一般社)北海道IT推進協会
【協力】
産業技術連携推進会議北海道地域部会 組込みシステムビジネス研究会
【対象】
ソフトウェア開発に携わるIT企業、ソフトウェアを活用するユーザー企業関係者等
【定員】
100名
【参加費】
無料

プログラム

14:30〜14:35
主催者挨拶
14:35〜15:15
基調講演
「形式手法の研究と実践からざっくばらんに…〜産業界での可能性や今後の展望〜」
 北陸先端科学技術大学院大学 准教授 青木利晃 氏
15:15〜15:55
事例発表(1)
「高信頼なソフトウェア開発を目指して〜現場に役立つ『形式手法ガイド』の紹介〜」
 ディペンダブル・ソフトウェア・フォーラム(DSF) (株)NTTデータ 技術開発本部 塚本英昭 氏
15:55〜16:05
−休憩−
16:05〜16:30
事例発表(2)
「形式手法−Bメソッドによる組込ソフト開発の実践」
 北海道電子機器(株) 技術部リーダー 和田 学 氏
16:30〜17:00
特別講演
「形式手法が担う品質説明力の強化〜品質説明力強化に向けた政府の取組みと形式手法への期待〜」
 (独)情報処理推進機構(IPA) ソフトウェア・エンジニアリング・センター組込系プロジェクト プロジェクトサブリーダー/工学博士 田丸 喜一郎 氏

※講師略歴はこちらをご覧ください。

申込方法

 会社名、所属、役職、氏名、連絡先を明記の上、E-mailにて下記申込先までお申し込みください。
※ご提供いただいた情報は、本セミナー開催の目的以外には一切使用いたしません。

申込締切:平成23年7月20日(水)

申込・問い合わせ先

経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 情報政策課
TEL:011-709-2311(内線2566)
FAX:011-707-5324
E-mail:hokkaido-joho@meti.go.jp


ページの先頭に戻る

PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe Reader が必要です。
Adobe Reader ダウンロード

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 情報・サービス政策課
TEL.011-709-2311|内線:2558,2559,2565,2566|FAX.011-707-5324
E-mail:hokkaido-johoservice@meti.go.jp