ホーム > イベント・行事カレンダー / 北海道IT・バイオ産業クラスター北海道ITアジャイル戦略 / IT・情報政策イベント・行事 / 情報・サービス政策課

「形式手法普及促進セミナー 2012 in 札幌」の開催について~高信頼ソフトウェア開発手法の実践的活用と具体的アプローチ~

募集を締め切りました

平成24年7月3日
経済産業省北海道経済産業局

 (株)北海道ソフトウェア技術開発機構では、(独)情報処理推進機構、北海道、(地独)北海道立総合研究機構とともに、7月30日に、「形式手法普及促進セミナー 2012 in 札幌~高信頼ソフトウェア開発手法の実践的活用と具体的アプローチ~」を開催します。

 ソフトウェアの高信頼性を確保し、併せて作業効率を高める可能性を秘めた開発手法である「形式手法」の今を知る絶好の機会となっておりますので、時節柄ご多忙とは存じますが、奮ってご参加いただきますようご案内いたします。

※形式手法とは、プログラム開発手法の一つであり、論理学に基づく厳密な意味を持つ「形式的な表現」を用い、ソフトウェアの要求仕様定義、設計等を行う手法。自然言語の曖昧さによる欠陥を排除し、数学的な方法論によって信頼性を証明することが可能。

※本事業は、経済産業省北海道経済産業局「平成24年度成長産業・企業立地促進等事業費補助金(成長産業人材養成等支援事業)」を受けて実施いたします。

開催趣旨

 大規模なシステム障害等による経済社会への影響が顕在化する中、ソフトウェアの高信頼性確保は今や喫緊の課題となっています。
 こうした中、ソフトウェア開発仕様の曖昧性を排除し、品質を論理的に保証する技術「形式手法」が注目されており、北海道管内においても研究開発プロジェクトが始動しています。
 本セミナーは「形式手法」の普及促進を通じた新たなビジネス機会創出を目的として、ソフトウェア開発に携わるIT企業を始め、ソフトウェアを活用するユーザー企業関係者等を対象に開催します。宇宙航空研究開発機構(JAXA)様からの基調講演を始めとして、各分野の第一人者の方々から我が国ソフトウェア開発に関係する最先端の話題をご講演いただきます。

開催概要

【日時】
平成24年7月30日(月)14:00~16:30
【場所】
ホテルポールスター札幌 2F「セレナード」
(札幌市中央区北4条西6丁目 TEL:011-241-9111)
【主催】
(株)北海道ソフトウェア技術開発機構
【共催】
(独)情報処理推進機構、北海道、(地独)北海道立総合研究機構
【後援】
(一般社)北海道IT推進協会
【協力】
経済産業省北海道経済産業局、産業技術連携推進会議北海道地域部会 組込みシステムビジネス研究会
【対象】
形式手法に関心のあるソフトウェア開発企業・ユーザー企業関係者、関係団体、支援機関、行政機関等
【定員】
100名
【参加費】
無料

プログラム

  • 基調講演
    「JAXAにおける形式検証の取組みと今後について」
    宇宙航空研究開発機構(JAXA)
     情報・計算工学センター 主任開発員 吉川 健 氏
     情報・計算工学センター 主任開発員 石濱 直樹 氏
  • 事例発表
    「形式手法-Bメソッドによる組込ソフト開発の実践と成果(仮)」
    (株)リック 取締役 坂本 謙治 氏
  • 特別講演
    「形式手法が担う品質説明力の強化~実稼働システムの適用実験結果と今後の期待~(仮)」
    (独)情報処理推進機構(IPA)
     ソフトウェア・エンジニアリング・センター 組込系プロジェクト プロジェクトサブリーダー/工学博士 田丸 喜一郎 氏
  • 「形式手法導入教育研修」開催のご案内

申込方法

 プログラム詳細・参加申込は、以下のウェブサイトをご覧ください。

 講師略歴はこちらをご覧ください。

申込締切:平成24年7月20日(金)

申込・問い合わせ先

(株)北海道ソフトウェア技術開発機構(担当:長沢、阿部)
〒003-0801 札幌市白石区菊水1条3丁目1-5 メディアミックス札幌
TEL:011-816-9700
FAX:011-820-1166
E-mail:kensyu@deos.co.jp


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 情報・サービス政策課
TEL.011-709-2311|内線:2558,2559,2565,2566|FAX.011-707-5324
E-mail:hokkaido-johoservice@meti.go.jp