ホーム > 北海道IT・バイオ産業クラスター北海道バイオイノベーション戦略 / バイオ産業振興イベント案内 / バイオ産業課

シンガポールでのマリンバイオに関する国際交流と販路開拓事業

~ アジアのハブを活用した国際展開 ~

平成25年10月8日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局では、北海道大学大学院水産科学研究院、函館地域産業振興財団と連携し、10月17日、海藻類等の水産資源を活用したマリンバイオの研究成果等を、バイオテクノロジーの先進地であるシンガポールからアジア諸国に向けて発信する「マリンバイオ国際セミナー」を開催します。

 併せて、10月17日から19日にシンガポールで開催される日本食品等の見本市「Oishii JAPAN」への道内バイオ企業8社の出展を支援し、アジア諸国への販路開拓に繋げます。

背景

 北海道では、函館地域を中心に海藻類等の水産資源の機能性解明に係る研究や、有用成分を含むがごめ昆布などを活用したマリンバイオ関連製品の開発・事業化が進展しています。

 一方、シンガポールは、(1)バイオ分野での高度な評価・解析技術等を有する大学・研究機関や世界有数の製薬企業が集積、(2)日本食材が広く流通し、世界各国の人種が集まることから、展示会等でのテストマーケティングには最適な環境が存在、(3)アジア各国へ展開するためのハブ機能を有する、という点で、バイオ分野での共同研究・ビジネス展開先として有望な国です。

「マリンバイオ国際セミナー in シンガポール」の開催

 水産機能性素材を活用した新規プロジェクトの創出や共同研究の推進、海藻類の食文化に関する理解促進を図るため、「マリンバイオ国際セミナー」を開催し、海洋水産に関する研究成果や海藻類の保健機能の紹介を行うとともに、シンガポール政府機関、大学、研究機関等との交流を図ります。

【日時】
平成25年10月17日(木)11:00~12:00
【場所】
サンテックシンガポール国際会議展示場 ※「Oishii JAPAN」開催会場
【講演内容】
  • 「マリンバイオの取組及び海藻の食文化について」
     北海道大学水産科学研究院 安 井肇 教授
  • 「海藻の機能性に関する研究成果等について」
     北海道大学水産科学研究院 宮下 和夫 教授

「Oishii JAPAN2013」への道内バイオ企業の出展

 水産素材等を活用した商品のテストマーケティングを実施するため、道内バイオ企業8社が出展し、シンガポールやアジア周辺諸国の食品メーカー、ホテル、スーパー・小売、商社バイヤーとの商談を行います。

【開催期間】
平成25年10月17日(木)~19日(土)※場所は同上。
【参加企業】
(株)かくまん、(有)タカハシ食品、(株)竹田食品、(株)ノース技研、(株)北海道バイオインダストリー、(株)北海道霊芝、丸共バイオフーズ(株)、(株)ライス・ハートフーズ

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 バイオ産業課