ホーム > 北海道IT・バイオ産業クラスター北海道バイオイノベーション戦略 / バイオ産業振興重点事業 / バイオ産業課

密閉型遺伝子組換え植物工場による有用物質生産技術で初の商業化

~ 遺伝子組換え植物による動物用医薬品の製造販売承認を取得 ~

平成25年10月17日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局では、北海道で誕生した世界最先端の「遺伝子組換え植物を活用した医薬品等の有用物質生産技術」の商業化を目指し、平成13年度から、当該分野で革新的技術シーズを有する(独)産業技術総合研究所北海道センター(北海道札幌市)や、共同研究を行う民間企業等とともに、当該技術を育んでまいりました。

 このたび、産総研北海道センターと共同研究を実施してきたホクサン(株)(北海道北広島市)が、同センターの「密閉型遺伝子組換え植物工場」を活用して栽培した遺伝子組換えイチゴによるイヌの歯肉炎軽減剤(イヌインターフェロンα製剤)について、農林水産省から、平成25年10月11日付けで動物用医薬品製造販売の承認を取得し、当該技術で初の商業化を達成しましたので、お知らせします。

 当局では、引き続き、産総研北海道センターが中心となって実施される、世界最先端の植物バイオ研究及びその商業化を支援してまいります。

当局における支援について

 「密閉型遺伝子組換え植物工場による有用物質生産技術」は、植物を遺伝子組換え技術を用いて工業生産プロセスとして利用し、医薬品原料や工業原料等の高付加価値製品を、安全かつクリーンに低コストで生産することを可能とするものです。
 産総研北海道センターが確立した技術シーズは、生産プロセス技術としての技術的優位性や経済性に優れ、世界でも類を見ない革新的な技術といえます。
 当局では、こうした北海道発の世界最先端の植物バイオ技術を発展させるため、当省の研究開発費助成や、実証研究施設整備などの支援施策を投入し、支援を行ってきたものです。

遺伝子組換えイチゴによるイヌの歯肉炎軽減剤

 ホクサン(株)、産総研北海道センター及び北里第一三共ワクチン(株)が開発したイヌの歯肉炎軽減剤は、産総研の研究プロジェクトで開発した「密閉型遺伝子組換え植物工場」を活用し、完全人工環境下で、イヌインターフェロンα発現イチゴを栽培するものです。
 このような、遺伝子組換え植物そのものを原料とする医薬品の承認は、世界初となります。

写真:開催の模様1

密閉型遺伝子組換え植物工場
(産総研北海道センター)

写真:開催の模様2

遺伝子組換えイチゴによる
イヌ歯肉炎軽減剤

今後の展開について

 当局では、このほかにも、「ニワトリの原虫病を予防する組換えジャガイモによる経口ワクチンの生産技術開発」や、「ダイズ種子による医療用ワクチン成分の生産技術開発」など、産総研北海道センターと民間企業による「家畜用医薬品」や「ヒト用医薬品」の共同研究開発プロジェクトの支援に取り組んでいます。
 今後も引き続き、イヌ歯肉炎軽減剤の販路開拓を支援するとともに、研究開発中のプロジェクトの商業化を後押しし、北海道発の植物バイオ研究の発展に向けて取り組んでまいります。

問い合わせ先

経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 バイオ産業課
TEL:011-709-2311(内線2554)
FAX:011-707-5324
E-mail:hokkaido-bio@meti.go.jp


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 バイオ産業課