ホーム > イベント・行事カレンダー / 北海道IT・バイオ産業クラスター北海道バイオイノベーション戦略 / バイオ産業振興イベント案内 / 食関連事業 / バイオ産業課

北海道食品機能報告会の開催について

~ 食品の健康機能を科学的に評価し、商品の価値と信頼性をUP! ~

募集を締め切りました

平成26年2月21日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局では、食品の健康機能についてのエビデンス(科学的根拠)を取得し、食品開発に役立て、商品の価値と信頼性を向上させることを推進しています。

 この度、北海道情報大学、北海道バイオ産業クラスター・フォーラム等と連携し、道産食素材の健康機能や、北海道情報大学で運用中の「食品の臨床試験システム」を活用した事例を紹介する「北海道食品機能報告会」を開催します。

日時・会場等

【日時】
平成26年3月18日(火)14:00~17:15(開場13:30)
【会場】
京王プラザホテル札幌 地下1階プラザホール(札幌市中央区北5条西7丁目2-1)
【対象】
食関連・バイオ関連事業者など
【定員】
100名程度(先着順)
【参加費】
無料
【主催】
経済産業省北海道経済産業局、北海道情報大学、北海道バイオ産業クラスター・フォーラム、(公財)北海道科学技術総合振興センター
【共催】
(一社)北海道バイオ工業会

プログラム

14:00
開会挨拶
14:05~14:45
「北海道の食素材の魅力」
天使大学 看護栄養学部栄養学科 教授 荒川 義人 氏
14:45~15:20
「北海道情報大学の食品臨床試験の取り組み」
北海道情報大学 医療情報学科 教授 西平 順 氏
15:30~16:50
機能性評価試験の事例紹介
  • (1)ホクレン農業協同組合連合会「北海道米(GABA富化米)」
  • (2)(株)アミノアップ化学「長ネギ」
  • (3)アテリオ・バイオ(株)「乳酸菌入り大豆粉末」
  • (4)(有)天心農場「チコリー茶」
16:50~17:15
交流会
17:15
閉会

申込方法

 参加を希望される方は「氏名、電話番号、企業・団体名、所属」を明記の上、以下までにE-mail又はFAXにてお申し込みください。

【申込先】

(公財)北海道科学技術総合振興センター クラスター研究部 担当:工藤
TEL:011-708-6392
FAX:011-747-1911
E-mail:mkudo@noastec.jp

講師のご紹介

荒川 義人(あらかわ よしひと)天使大学 看護栄養学部栄養学科 教授

 1975年北海道大学農学部卒、1980年北海道大学大学院農学研究科博士課程修了。北海道栄養短期大学講師、助教授、教授を経て、1998年天使女子短期大学食物栄養学科(2000年から天使大学看護栄養学部栄養学科)教授。2004年より同学科長、2006年より同大学院教授を兼務。

 北海道産食材(ダッタンソバ、ゆり根、小豆、大豆など)の成分と健康効果に関する研究のほか、「地産地消」及び「食育」の推進に向けた調査研究や計画の策定・評価に関する研究活動を展開中。

 北海道食育コーディネーター会議座長、北海道野菜ブランド品種選定委員、札幌市食育推進会議会長、札幌商工会議所北海道フードマイスター制度運営委員会副委員長などを歴任。

西平 順(にしひら じゅん)北海道情報大学 医療情報学科 教授

 1979年北海道大学医学部医学科卒業後、横須賀米海軍病院インターン、同大学医学部内科学第二講座医員、米国ノースカロライナ州ウェークフォリスト大学附属ボウマングレー医学部にリサーチフェローとして留学。帰国後、1992年北海道大学医学部中央研究部講師、1998年同大学医学研究科助教授を経て2006年から北海道情報大学医療情報学部教授。

 江別市立病院糖尿病外来担当医師(2006年~)、国立病院機構北海道医療センター予防医学外来担当医師(2009年~)として臨床活動にも従事。

 文部科学省プロジェクト「さっぽろバイオクラスター“Bio-S”」で食品臨床試験システムを構築。


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 バイオ産業課