ホーム > イベント・行事カレンダー / 北海道IT・バイオ産業クラスター北海道バイオイノベーション戦略 / バイオ産業振興イベント案内 / バイオ産業課

「セルロースナノファイバーサミット in 北海道」を開催します

募集を締め切りました

平成29年2月21日
平成29年3月10日更新
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局では、技術と地域への波及効果に着目し、北海道内の大学や企業が連携して開発した「発酵ナノセルロース(NFBC)」の事業化を支援しています。
 このたび、NFBCの事業化に向けた取組を広く知っていただくため、3月17日(金)に札幌市内において「セルロースナノファイバーサミット in 北海道」を開催します。

【平成29年3月10日更新】プログラムを追加し、リーフレットを掲載しました。

開催概要

【日時】
平成29年3月17日(金)13:30~16:30
【場所】
ニューオータニイン札幌2階「鶴の間」
【定員】
40名(参加無料)
【対象】
CNFに関心のある企業、大学、公設試、行政機関等
【主催】
経済産業省北海道経済産業局
【後援】
ナノセルロースフォーラム

プログラム

特別講演

素材革命セルロースナノファイバーの将来展望
経済産業省 製造産業局素材産業課革新素材室長 井上 悟志
地域におけるセルロースナノファイバーの取り組み
(地独)京都市産業技術研究所
 研究戦略フェロー/ナノセルロースフォーラム地域分科会長 北川 和男 氏

北海道における事例紹介

発酵ナノセルロース(NFBC)の事業化について
北海道大学工学研究院 准教授 田島 健次 氏
CNFの表面改質の最新動向について
苫小牧高等専門学校 創造工学科 准教授 甲野 裕之 氏
ナノセルロース発酵菌の分離と低品位農産物を用いた発酵生産技術の開発
(公財)オホーツク地域振興機構 研究課長 太田 裕一 氏
バクテリアセルロースゲルの用途開発について
小樽商科大学 商学部 教授 沼田 ゆかり 氏
京都プロセスの紹介と北海道立総合研究機構の取り組み
北海道立総合研究機構 工業試験場 材料技術部 高分子・セラミックス材料グループ 瀬野 修一郎 氏

 講師の紹介等詳細は以下をご覧ください。

申込方法

 E-mailでの申込を受け付けています。
 件名に「サミット参加申込」と記載し、本文に「企業・機関名」、「住所」、「役職」、「氏名」を明記のうえ、以下の申込先メールアドレスまでお送りください。

申込・問い合わせ先

経済産業省北海道経済産業局 バイオ産業課
TEL:011-709-2311(内線2554~2556)
E-mail:hokkaido-bio@meti.go.jp

参考

発酵ナノセルロース(NFBC)とは

 発酵法により製造されたセルロースナノファイバー(以下、「CNF」という)。北海道大学や道内企業の産学連携体は、糖質などを原料とし、高効率に繊維直径20nmの「発酵ナノセルロース(Nano-fibrillated Bacterial Cellulose:NFBC)」の製造技術を確立。食品由来の原料と果実から分離した菌株を使って製造するため、生体適合性が高く、従来の工業製品以外に、医療や食品分野への用途展開も期待されている。

セルロースナノファイバー(CNF)とは

 強度が鋼鉄の約5倍、重量が鋼鉄の約5分の1でカーボンニュートラルであるナノサイズの極細繊維状物質。次世代の素材として期待され、2030年には市場規模が1兆円/年を目標に掲げている。活用分野は、自動車や電気電子分野など多くの産業応用が期待される。


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 バイオ産業課