ホーム > サービス・観光産業振興 / 情報・サービス政策課

中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドラインを策定しました

平成27年2月4日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省は、中小企業385万社の約8割を占めるサービス事業者が、生産性向上に取り組む際の参考となるよう、10項目の手法と取組事例を示したガイドラインを策定しました。

ガイドラインの概要

 「付加価値の向上、革新ビジネスの創出」と「効率の向上」の2つの観点から生産性向上を説明し、「付加価値向上、革新ビジネスの創出」を実現する手法として8項目を、「効率の向上」を実現する手法として2項目を提示しています。
 また、幅広い業種の方の参考となるよう、具体的な取組を15業種、45事例紹介しています。

●付加価値の向上、革新ビジネスの創出

  1. 新規顧客層への展開
  2. 商圏の拡大
  3. 独自性・独創性の発揮
  4. ブランド力の強化
  5. 顧客満足度の向上
  6. 価値や品質の見える化
  7. 機能分化・連携
  8. IT利活用(付加価値向上に繋がる利活用)

●効率の向上

  1. サービス提供プロセスの改善
  2. IT利活用(効率化に繋げるための利活用)

支援施策との連携

 本ガイドラインで示された方法で行う、新しい商品・サービスの開発や業務プロセスの改善、新しい販売方法の導入など、中小企業・小規模事業者が取り組む事業革新は、以下の2つの補助事業の支援を受けることが可能です。


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 情報・サービス政策課