ホーム > サービス・観光産業振興ハイ・サービス日本300選 / 情報・サービス政策課

第1回「ハイ・サービス日本300選」選定結果について

平成19年11月29日
経済産業省北海道経済産業局

 サービス産業生産性協議会(代表幹事:牛尾治朗 ウシオ電機(株)代表取締役会長)では、創意工夫に満ちた優れたサービスを提供するベストプラクティスを選定する「ハイ・サービス日本300選」の選定に取り組んでいますが、11月28日に第1回選定企業について公表されましたので、お知らせします。

 なお、今回は全国で21件、うち北海道管内では3件が選定されました。詳細は、サービス産業生産性協議会のウェブサイトをご参照ください。

道内選定分

(株)阿寒グランドホテル(釧路市 代表取締役社長:大西 雅之 氏)

=ホテル運営=
 個々のホテルのみならず地域全体の盛り上げのため、対外的に阿寒地域全体をアピールする取組を実施。また館内にコミュニケーションカメラを設置することで、お客様の要望に対する迅速な対応を可能にしたほか、毎日のお客様アンケートの分析など、満足度向上の取組を実現。

旭川市旭山動物園(旭川市 園長:小菅 正夫 氏)

=動物園=
 行動展示という新しいコンセプトを導入。マスコミ報道の相乗効果による集客拡大によって地域活性化に寄与。平成18年度入園者数は300万人を超え、上野動物園に次いで2位。

ウェルネット(株)(札幌市 代表取締役社長:柳本 孝志 氏)

=代金決済・電子決済・電子請求=
 コンビニ窓口等を通じた企業の決済業務の代行サービスを提供。近年は、携帯電話を活用した「ケイタイチケットサービス」なども実施。コンサート等の「予約~チケット購入~入場手続き」の一貫したサービスも可能とし、顧客企業の事務作業の効率化や消費者の利便性を高めるサービスを提供。

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 情報・サービス政策課