ホーム > イベント・行事カレンダー / ものづくり産業活性化イベント・行事 / 製造産業課

札幌モーターショー2018「スペシャルディスカッション」を開催します

~ 自動運転は近未来の社会をどう変えるか ~

募集を締め切りました

平成29年12月19日
平成30年1月15日更新
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局では、平成30年1月19日(金)、札幌モーターショー2018の開催に併せて、「スペシャルディスカッション~自動運転は近未来の社会をどう変えるか~」を開催します。
 本イベントでは、モータージャーナリストや専門家を招き、自動運転を巡る様々な話題を交えながら、会場の皆様と共に未来のクルマ社会について考えます。

【平成30年1月15日更新】申込締切を延長しました。

開催概要

【日時】
平成30年1月19日(金)13:00~15:00
【場所】
札幌ドーム 西棟会議室B(札幌市豊平区羊ヶ丘1番地)
【定員】
200名(先着順・参加無料)
【主催】
経済産業省北海道経済産業局
【共催】
札幌モーターショー2018実行委員会
【企画・協力】
「クルマ塾」実行委員会

※ディスカッションへの参加にモーターショー入場券は不要です。
モーターショー入場券をお持ちの方は、モーターショーと本イベント会場の出入り(再入場含む)が可能です。

プログラム

講演

【演題】
自動運転技術の現状と課題
【講師】
河合 英直 氏 ((独)自動車技術総合機構 交通安全環境研究所 自動車研究部 部長)
【演題】
自動運転車の社会受容性
【講師】
清水 和夫 氏(モータージャーナリスト)

スペシャルディスカッション

【テーマ】
自動運転は近未来の社会をどう変えるか
<パネリスト>
  • 河合 英直 氏((独)自動車技術総合機構 交通安全環境研究所 自動車研究部 部長)
  • 清水 和夫 氏 (モータージャーナリスト)
<コーディネーター>
  • 竹岡 圭 氏 (タレント兼モータージャーナリスト)

申込方法

 参加申込書に必要事項をご記入の上、以下の申込先までE-mail又はFAXでお送りください。

※E-mailでお申し込みの場合、参加申込書と同じ項目をメール本文に記載していただいても構いません。

申込締切:平成30年1月17日(水)

申込・問い合わせ先

札幌モーターショー2018「スペシャルディスカッション」事務局
(有)オールプロデュース

  • TEL:011-252-6930 (問合せ時間:平日 9:30~18:00)
    ※12月29日(金)~1月3日(水)は休業日。
  • FAX:011-251-6561
  • E-mail:info@all-produce.co.jp

参考

講師紹介

【講演・パネリスト】

写真:清水 和夫 氏
清水 和夫 氏/モータージャーナリスト
1954年生まれ東京出身 武蔵工業大学電子通信工学科卒業
プロのレースドライバー出身の異色ジャーナリスト 日本自動車ジャーリナスト協会 日本交通医学研究会 会員
日本科学技術ジャーナリスト会議 会員(JASTJ)
内閣府SIP自動走行推進委員構成員
経済産業省自動走行ビジネス検討会委員
HFCV用容器検討委員会
JARI客員研究員 ITS・車両安全・水素燃料電池を専門とする。
日本放送出版協会『クルマ安全学のすすめ』『ITSの思想』『燃料電池とは何か』
写真:河合 英直 氏
河合 英直 氏/(独)自動車技術総合機構 交通安全環境研究所 自動車研究部長
同志社大学大学院 工学研究科機械工学専攻・平成4年3月修了,
平成8年2月 博士(工学)(同志社大学)
平成24年4月交通安全環境研究所 自動車安全研究領域 副研究領域長,領域長,国際調和推進部長を経て、平成28年7月自動車技術総合機構 交通安全環境研究所 自動車研究部長(現在に至る)
国土交通省 交通政策審議会臨時委員,車両安全対策検討会委員,第6期ASV推進検討会委員、経済産業省 総合資源エネルギー調査会臨時委員、内閣府 SIP「自動走行システム」推進委員会構成員,自動走行ビジネス検討会委員 他

【コーディネーター】

写真:竹岡 圭 氏
竹岡 圭 氏/タレント兼モータージャーナリスト
1983年モデルプロダクションに所属し、子役モデルを経験したものの、一旦学業に専念。OLとして一般企業に就職した後、1991年モータージャーナリスト日下部保雄氏率いる(有)プロスペックに入社。レーシングチームのマネージャー、各種イベントの企画運営、会社の会計等々をこなしつつ、タレント&モータージャーナリストとして活動開始。1996年春にフリーランスとして独立し、タレント&モータージャーナリストとして活動してきたが、2007年以降は芸能プロダクションに所属、タレントとしてさらなる本格的な活動を始める。
現在、TVのワイドショーやバラエティ番組へのレギュラー出演、ラジオ番組のパーソナリティなどを務める。MCやレポーター、コメンテーターの他、イベントでのトークショーもこなすなど、多方面で活動中。雑誌・新聞・Webに連載も持つ。

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 製造産業課