ホーム > イベント・行事カレンダー / 省エネルギー・新エネルギーイベント・行事 / エネルギー対策課

「地熱シンポジウム in 函館」が開催されます

~ 北海道の可能性を学ぼう!考えよう! ~

募集を締め切りました

平成29年9月4日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省では、エネルギーのベストミックス実現に向け、地熱発電開発を支援しています。
 今般、(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構では、道内の地熱を活かした地域事業事例を紹介し、今後の地熱開発と地域活性化を考えるシンポジウムを10月17日(火)~18日(水)に函館市で開催します。
 火山地帯が多い北海道は、国内最大級の地熱開発エリアとして期待されています。
 中でも、森町は大型の地熱発電所を有し、全国に先駆けて地域への熱供給が行われ、地熱が地域産業の振興に貢献してきました。また、道南地域では、資源量把握を目的とした数多くの地熱調査が活発に進められ、今後の発電所建設計画も期待されています。

開催概要

【日時】
平成29年10月17日(火)~18日(水)
【場所】
函館市民会館大ホール(函館市湯川町1-32-1)他

プログラム

  • シンポジウム「地熱開発と地方創生を考える~期待が高まる北海道~」
    【基調講演】
    北海道における地熱開発の動向と今後の展望
    • 講師:道総研地質研究所 資源環境部長 高橋徹哉 氏
    森町の地熱利用事業について
    • 講師:森町長 梶谷惠造 氏
    【特別セッション】
    弟子屈町での地熱発電と地熱利用
    • 講師:野村北海道菜園(株) 代表取締役 十川洋 氏
    【パネルディスカッション】
    テーマ:地熱開発と地方創生を考える(自治体関係者、地熱事業者、ゲスト)
  • 市民のための地熱講座
  • 地熱展示会
  • 地熱見学ツアー(10月18日(水)森町他)

申込方法

 参加申込の方法等、事業の詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。

申込締切:平成29年10月16日(月)
※市民のための地熱講座、地熱見学ツアーについては10月4日(水)締切

主催・共催・後援

主催:
(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)
共催:
日本地熱学会
後援:
資源エネルギー庁、環境省、北海道、函館市、森町、
(地独)北海道立総合研究機構地質研究所、日本地熱協会

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 エネルギー対策課