J-クレジット制度 専用サイト

J-クレジット制度とは

J-クレジット制度とは

 J-クレジット制度は、省エネ設備の導入や再生可能エネルギーの活用によるCO2の排出削減量や、適切な森林管理によるCO2の吸収量を、クレジットとして国が認証する制度です。
 認証されたクレジットは、購入することができ、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど 、さまざまな用途に活用できます。また、クレジット購入代金は、クレジット創出者に還元され、さらなるCO2排出削減/吸収の取組や、地域活性化等に活かすことができます。

画像:J-クレジット制度のイメージ

J-クレジット創出者のメリット

  • ランニングコストの低減
    省エネ設備の導入や再生可能エネルギーの活用により、ランニングコストの低減や、クリーンエネルギーの導入を図ることができます。
  • クレジット売却益
    設備投資の一部を、クレジットの売却益によって補い、投資費用の回収やさらなる省エネ投資に活用できます。
  • 地球温暖化対策への取組に対するPR効果
    自主的な排出削減や吸収プロジェクトを行うことで、温暖化対策に積極的な企業、団体としてPRすることができます。
  • 新たなネットワークの構築
    創出したクレジットが、例えば、地産地消的に地元に縁の深い企業や地方公共団体に利用されるなど、新しいネットワークの構築につながります。

クレジット購入者のメリット

 クレジット購入者は入手したクレジットを、以下のように活用できます。

  • 低炭素社会実行計画の目標達成のための活用
    2020年のCO2削減の数値目標を設定した低炭素社会実行計画の目標達成に利用が可能です。
  • カーボン・オフセットなどへの活用
    環境への貢献をPRし、企業や製品の差別化、ブランディングなどに利用可能です。
  • 省エネ法での活用
    省エネルギー事業によるクレジットを省エネ法の共同省エネルギー事業の報告に利用可能です。
  • 温対法での活用
    温対法の調節後温室効果ガス排出量の報告に利用可能です。
ページの先頭に戻る