ホーム > イベント・行事カレンダー / 資源・エネルギー石油・LPガス / 資源・燃料課

「ノーザン・レスキュー2015」にて危機時の石油輸送を強化

~ 北海道初となる石油製品輸送支援訓練を実施 ~

募集を締め切りました

平成27年8月19日
経済産業省北海道経済産業局

 陸上自衛隊北部方面隊、北海道及び北海道経済産業局では、日本海溝・千島海溝周辺型海溝地震を想定した災害対処訓練「ノーザン・レスキュー2015」において、JX日鉱日石エネルギー(株)、出光興産(株)、北海道石油業協同組合連合会及び札幌アポロ石油(株)の参加を得て、(1)災害派遣活動を行う自衛隊への石油供給の円滑化と(2)自衛隊の輸送力による民生用石油輸送の体制強化に向けた訓練、(3)北海道との連携により災害対策上重要な施設に石油供給する訓練を実施します。

背景とねらい

 2011年3月の東日本大震災時の石油製品輸送等における様々な課題を踏まえ、資源エネルギー庁と防衛省では、全国各地で地方関係機関における石油輸送の合同訓練を実施しており、今回は、北海道地域で初めて、石油製品輸送の合同実動訓練を実施します。

訓練概要

(1)緊急用救命用の石油製品を供給する民間の燃料供給拠点において、自衛隊の輸送力でなければ輸送することができない限定的な場合(被害状況により民間ローリーの補給ができない場合)を想定し、民間の製油所から、自衛隊燃料タンク車が燃料を直接受領し輸送支援する訓練

【日時】
平成27年8月27日(木)13:00~16:00
【場所】
出光興産(株)北海道製油所(苫小牧市真砂町25番地1)
札幌アポロ石油(株)南5条SS(札幌市中央区南5条西10丁目)

(2)災害派遣活動を行う自衛隊の燃料が不足する場合を想定し、民間の油槽所において自衛隊燃料タンク車が燃料を直接受領する訓練

【日時】
平成27年8月28日(金)13:30~14:00
【場所】
JX日鉱日石エネルギー(株)留萌油槽所(留萌市塩見町3690)
北海道補給処近文台燃料支処(旭川市春光町1区11条)

(3)北海道から自家発電施設を備える災害対策上重要な施設(医療施設等)に緊急供給要請があったため、燃料供給拠点から民間ローリーにて輸送する訓練

【日時】
平成27年8月27日(木)16:00~16:50
【場所】
札幌アポロ石油(株)札幌油槽所(札幌市白石区菊水上町4条4丁目95)
北海道公立大学法人札幌医科大学附属病院(札幌市中央区南1条西16丁目291)

取材について(申込方法)

 取材ご希望の場合は、「取材要領」をご確認の上「取材登録票」に必要事項を明記し、下記の申込先までFAX又はE-mailにて事前登録をお願いします。

※訓練実施場所のセキュリティの関係上、事前登録をいただいていない方については当日の入構及び取材いただくことができませんので、必ず登録をお願いします。

申込締切:平成27年8月24日(月)17:00まで

申込・問い合わせ先

経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 資源・燃料課
TEL:011-709-2311(内線2640)
FAX:011-709-4138
E-mail:hokkaido-shigen-nenryo@meti.go.jp


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 資源・燃料課