ホーム > イベント・行事カレンダー / 資源・エネルギー石油・LPガス / 資源・燃料課

平成29年度災害時燃料供給合同支援訓練を実施します

~ 札幌直下型地震を想定 ~

平成29年7月18日
経済産業省北海道経済産業局

 北海道経済産業局及び陸上自衛隊北部方面隊では、札幌市、JXTGエネルギー(株)、北海道石油業協同組合連合会の協力を得て、札幌直下型地震を想定した燃料輸送訓練を実施します。
 この度、夏期訓練として7月25日・26日の日程で、室蘭市の民間石油製品出荷基地から、自衛隊の燃料タンク車等により、札幌市のSS(サービスステーション)及び災害時重要施設へ燃料を輸送するほか、自衛隊活動用の燃料取得の実動訓練を実施し、災害時の輸送手順を確認・確立します。
 なお、今後、冬期訓練も予定していますので、詳細が決まり次第お知らせします。

※SS(サービスステーション)とは、給油所、ガソリンスタンドのことをいいます。

背景とねらい

 平成23年3月の東日本大震災時には、石油製品の輸送・給油が困難となった地域も多数発生しました。そうした中、資源エネルギー庁からの要請に基づき、自衛隊がドラム缶に詰めた軽油等を被災地へと搬送し、民生用石油供給を支援しましたが、その際に様々な調整課題が発生しました。また、石油供給インフラの被災が、自衛隊の人命救助活動に必要な燃料確保に影響を与える可能性もあらためて認識されました。
 このような課題を踏まえ、資源エネルギー庁と防衛省では、災害時燃料供給のノウハウのさらなる拡充を図るため、全国各地で合同訓練を実施しています。

訓練概要

 札幌直下型地震の発生により、タンクローリー車等民間の輸送力だけでは、ガソリン・灯油といった燃料を、給油所及び災害時重要施設に対して供給することが困難な場合を想定し、自衛隊の燃料タンク車及び大型トラック(ドラム缶積載)により、燃料の輸送訓練を実施します。

夏期訓練(実施済み)
【実施日】
平成29年7月25日(火)
【場所】
JXTGエネルギー(株)室蘭製造所(室蘭市陣屋町1丁目172番地)
【実施日】
平成29年7月26日(水)
【場所】
  • 札幌市消防学校(札幌市西区八軒10条西13丁目3-1)
  • 札幌河辺石油(株)札幌インターSS(札幌市白石区菊水元町8条1丁目)
冬期訓練
【実施日】
平成30年1月又は2月(予定)
【場所】
調整中

問い合わせ先

経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 資源・燃料課
TEL:011-709-2311(内線2640)
FAX:011-709-4138
E-mail:hokkaido-shigen-nenryo@meti.go.jp


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 資源・燃料課