ホーム > 資源・エネルギー電気・ガス / ガス事業室

北海道瓦斯(株)の一般ガス供給約款変更認可について

平成26年2月21日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局は、平成26年2月21日、北海道瓦斯(株)から提出された、一般ガス供給約款の変更認可申請を認可しました。
 当該変更は、平成26年4月1日から実施される予定です。

認可までの経緯

 北海道瓦斯(株)は、ガス料金において従来の早収・遅収料金制度から延滞利息制度に変更するため、平成25年11月29日に一般ガス供給約款の変更を当局に申請しました。
 当局は、平成26年2月13日に公聴会を開催するとともに、北海道瓦斯(株)に対し詳細な内容聴取等を実施し、厳正な審査を行った結果、申請どおり、本日付けで一般ガス供給約款の変更を認可しました。

認可概要

(1)延滞利息制度の導入

 ガス料金において、支払義務発生日(検針日)の翌日から起算して30日(支払期限日)を経過して支払われる場合、支払期限日の翌日から支払日までの期間に応じて日0.0274%の延滞利息を適用する。

※早収・遅収料金制度【現行制度】
支払義務発生日(検針日)の翌日から起算して30日以内に支払われる場合の早収料金と30日経過後に支払われる場合の遅収料金があり、遅収料金は早収料金を3%割り増した額としている。

(2)実施期日

 平成26年4月1日

申請事業者の概要

(平成24年度)
事業者名 北海道瓦斯(株)
代表者名 大槻 博
本社所在地 北海道札幌市
事業開始 大正元年9月30日
資本金 5,039,330千円
従業員数 659名
供給区域 北海道札幌市、石狩市、北広島市、小樽市、函館市、北斗市、千歳市、恵庭市、北見市
標準熱量 46.04655MJ(平成25年9月から45MJ)
需要家数 553,298戸(メーター取付数)
ガス販売量 486,721千m3/46.04655MJ
ガス売上高 50,193百万円
(注)供給区域は、市町村単位で記載。

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 ガス事業室