ホーム > イベント・行事カレンダー / 資源・エネルギーエネルギー広報 / 電源地域振興 / 電力事業課

「おもしろ科学館2014 in ほろのべ」を開催しました

~ ワクワク・サイエンスハンター ~

平成26年9月19日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局では、9月6日・7日に幌延町で「おもしろ科学館2014 in ほろのべ」を開催しました。

 本イベントは、次世代を担う子供達をはじめとする来場者に、エネルギー問題・科学技術等を身近なものとして知識を深めてもらうため、「科学の不思議とおもしろさ」を楽しく体験する機会の提供と、幌延深地層研究センターのPRを通じて、エネルギー問題を考えるきっかけづくりを目的としています。

開催結果

 イベントは幌延町総合体育館と幌延深地層研究センター「ゆめ地創館」の2会場で、幌延町をはじめとする周辺市町村等から、2日間で延べ6,480名の来場者がありました。
 今年は、「ワクワク・サイエンスハンター」と題して、子供達の興味や主体性を引き出し、「冒険・探検・対決」をモチーフにした様々な体験アトラクション、クイズラリーなど、能動的に楽しみながら学ぶことができました。
 幌延町総合体育館会場では、みずから操縦のできる「インタラクティブ・ディノ」や、AR技術で当時の姿を再現できる「ナカガワクビナガリュウの骨格標本」のほか、サイエンス演芸師の善ちゃんとサイエンス漫才師のボルトボルズによる、科学を題材としたワークショップやステージショーなどを実施しました。
 また、幌延深地層研究センターのブースでは研究内容の紹介やクイズ形式での「ききみず」、幌延地圏環境研究所のブースでは電子顕微鏡を用いたクイズを実施しました。このほか、フロンティアテクノセンターによる「科学工作ワールド」では、さまざまな科学工作にチャレンジして頂きました。
 幌延深地層研究センター「ゆめ地創館」会場では、中川町エコミュージアムのご協力による「化石レプリカづくり」や、静電気の不思議やイオンエンジンの風を体験する善ちゃんのサイエンスショーを実施しました。
 本イベントを通じて、来場者の皆さんには、エネルギーや科学の素晴らしさ、大切さを感じて頂けたことと思います。

2014幌延エネルギーツアー

 札幌から親子14組28名を、「おもしろ科学館」に招待する1泊2日バスツアーを実施しました。

実施風景

写真:開催の模様1

開会式

写真:開催の模様2

幌延町総合体育館

写真:開催の模様3

インタラクティブ・ディノ

写真:開催の模様4

ナカガワクビナガリュウの骨格標本

写真:開催の模様5

科学ワークショップ

写真:開催の模様6

ステージショーの様子

写真:開催の模様7

紙バトラー空想恐竜大戦

写真:開催の模様8

幌延深地層研究センターPRコーナー

写真:開催の模様9

幌延ライズPRコーナー

写真:開催の模様10

フロンティアテクノセンターによる
科学工作ワールド

写真:開催の模様11

ゆめ地創館会場でのサイエンスショー


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 電力事業課