ホーム > 資源・エネルギーエネルギー広報エネルギー環境教育 / 総合エネルギー広報室

平成29年度エネルギー教育モデル校に認定されました

平成29年7月3日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省資源エネルギー庁が実施している「エネルギー教育モデル校事業」(委託先:(公財)日本科学技術振興財団)に、北海道から3校が新たにモデル校に認定されました。

エネルギー教育モデル校事業概要

 教科(理科、社会、技術・家庭、総合的な学習の時間等)や課外活動等を通じてエネルギーについて幅広く学び、児童・生徒が将来のエネルギーに対する適切な判断と行動をするための基礎を構築することを目的とし、その実践に取り組む学校に対して様々な支援を行う事業です。
 エネルギー教育モデル校に認定されると、教育実践に必要な活動費として、講師謝金・旅費や施設見学のためのバス代、教材・実験機器の購入費等の支援が受けられます。(3ヶ年度)

 詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。

平成29年度新規認定校

  • 札幌市立上白石小学校
  • 北海道岩見沢農業高等学校
  • ニセコ町立北海道ニセコ高等学校

平成29年度継続認定校 ※全て平成27年度認定校

  • 札幌市立栄町小学校
  • 札幌市立緑丘小学校
  • 北海道教育大学附属札幌小学校
  • 北海道湧別高等学校

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 総合エネルギー広報室