ホーム > 省エネルギー・新エネルギーイベント・行事 / 資源・エネルギーエネルギー広報 / 総合エネルギー広報室

平成22年度冬の省エネルギー月間事業について

平成23年1月26日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省では、厳冬期でエネルギー消費が増大する2月を「省エネルギー月間」として各種キャンペーンを実施しています。
 当局でも、特に家庭での省エネルギーへの取り組みを促進する事例として機器導入による省エネの取り組みを紹介することとし、導入時に補助制度を活用できる「高効率暖房・給湯機器」「民生用燃料電池コージェネレーションシステム」の実機展示等を行うロビー展を実施いたします。

ロビー展の概要

【期間】
平成23年1月31日(月)~2月4日(金)
【場所】
札幌第1合同庁舎南側玄関1階ロビー(札幌市北区北8条西2丁目)
【概要】
「高効率暖房・給湯機器(エコキュート、エコジョーズ、エコフィール)」「民生用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)」の実機展示及び補助金制度の紹介、省エネ性能カタログ2010年冬版の配布等。
【協力】
札幌市、北海道電力(株)、北海道ガス(株)、石油連盟北海道石油システムセンター、(社)燃料電池普及促進協会

【ロビー展の様子】

写真:北ガス側から

写真:エコキュート


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 総合エネルギー広報室