ホーム > 省エネルギー・新エネルギー / 資源・エネルギー電気・ガス / 節電対策について / 会計課

北海道経済産業局の2014年度冬季の節電対策について

平成26年11月27日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局は、政府の「2014年度冬季の電力需給対策」を踏まえ、以下のこれまでの一連の取組みを継続実施いたします。
 ご来局の皆様には、ご不便をおかけすることがあろうかと存じますが、ご理解とご協力をお願いします。

実施期間

平成26年12月1日(月)~平成27年3月31日(火)

節電目標等

前年度程度を目安とし、現状における節電対策を継続する。
(2013年度の冬季最大需要電力は、2010年度比▲18%程度)

継続する取組み

  1. 照明の間引き(業務上、点灯しなくても支障のない箇所の原則間引き)
  2. 照度の引き下げ(点灯箇所により500~300ルクスに調整)
  3. 就業時における必要最低限の点灯、昼休み時の全消灯の徹底
  4. 長時間離席時におけるPCのシャットダウンの徹底、ディスプレイ照度の引き下げ
  5. OA機器等の節電(カラープリンタ、カラーコピー機等の長時間使用しない機器の待機電力カット)
  6. 電気ポット等の家電製品の使用台数制限
  7. 最寄り階への階段利用の励行、荷物用エレベーターの利用制限の徹底

その他

 当局が入居する札幌第1合同庁舎の全入居官署においても共通の取り組みを継続し、玄関ロビー、廊下等の共用部分の節電も実施します。
 また、北海道電力の「計画停電回避緊急調整プログラム」発動時には、当庁舎においても、空調機械の一時停止のほか事務室照明の半減など、より一層の節電を実施します。

関連リンク


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 総務企画部 会計課