ホーム > 北海道IT・バイオ産業クラスター / バイオ産業振興 / 食関連事業イベント・行事 / 海外展開・対日投資促進 / 農商工連携課

北海道・沖縄県連携事業について

~ 沖縄県ミッション団来道、北海道・沖縄フェアの開催を決定 ~

平成25年12月17日
経済産業省北海道経済産業局

 昨年10月、沖縄と北海道の直行便就航を機に、両道県の間において「地域の素材を融合させた新たな商品開発」や「沖縄の恵まれた物流機能を活かした経済連携」などを進めてきました。これまでの間、沖縄県・産業振興公社等の仲介による個別企業商談などを行ってきました。

 先月、沖縄県において「大交易会」が開催され、「沖縄県の経済界挙げて北海道との連携を進める」事を決定されたところであります。新年1月には、沖縄から経済界を中心とするミッション団が来道される他、「沖縄国際物流ハブセミナー」の開催、「北海道・沖縄フェア」の開催などを通じ、両道県のより強固な連携を図り、具体的な成果輩出に繋げて行く予定です。

今後の連携予定事業

「沖縄県経済ミッション団の来道」(1月14日)

 沖縄銀行安里会長(沖縄県経営者協会会長、沖縄懇話会事務局長)はじめ県産業振興公社、工業連合会、商工会議所連合会、中小企業家同友会、ENグループ、みたのクリエイト、新垣通商、沖縄県、沖縄総合事務局ら経済界・行政など約30名が来道し、北海道・沖縄の経済連携強化策や協同での海外展開に向けた意見交換等を行う予定。(知事公館にて開催を計画中)

「那覇空港 国際物流ハブセミナーの開催」(1月)

 東南アジアの国々は北海道はじめ我が国の産品に対して高く評価をしているところ。これら地域に様々な産品の鮮度を保ちながら供給できる物流拠点として那覇空港があり、この国際物流ハブ機能の活用を促進するためのセミナーを全国各地にて開催する予定。今般の沖縄県からのミッションに合わせて、全国に先駆け北海道にて開催する予定。

東南アジアにおける「北海道・沖縄フェア」の開催(3月)

 香港・沖縄に拠点を持ち、我が国産品の輸出入や東南アジアに20数店舗の飲食店運営を行うENグループが、東南アジア諸国において「北海道・沖縄フェア」として、マカオ唯一の百貨店「ニューヤオハン」や、香港の富裕層の上位2万4千人を擁する「香港ジョッキークラブ」の会員制レストランにて開催する予定。その後も香港等での開催状況を見極めつつ、随時開催予定。

参考

◆沖縄大交易会

◆ENグループの概要

【設立】
2000年、所在地:香港本社、シンガポール支社、従業員数:270人
【役員】
Ng Hung Tat, Raymond/Ng Hung Yan,Peter/又吉真由美/又吉みやこ
【業種】
飲食業経営、卸売業
香港、シンガポールを中心に日本食店をチェーン展開(香港7店舗、シンガポール7店舗、マレーシア1店舗、マカオ1店舗、ジャカルタ1店舗、上海1店舗、沖縄1店舗)するほか、輸出を担当する沖縄セントラル貿易、輸入を担当するオーシャンライン香港を有し、小売・飲食店への卸売業も行う。取引先は、ウェルカムグループ(香港最大手スーパー)、マキシムグループ(香港最大手飲食チェーン)、サークルKなど。

◆香港 ジョッキークラブ

画像:香港 ジョッキークラブ

 香港において「競馬」はギャンブルであると同時に社交の場でもある。「香港ジョッキークラブ」の会員になるためには、高額な会費を支払える富裕層であることだけでなく、複数の会員からの推薦など様々な要素が必要である狭き門であることから社交界でのステータスでもある。

◆マカオ .ニューヤオハン

画像:マカオ .ニューヤオハン

 マカオ唯一の百貨店。もとは日系スーパーだったヤオハンが、マカオ企業となって今も健在。有名ブランドや高級食材が揃う前9フロアの高級百貨店で、生鮮食品売り場やフードコートも充実している。


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 産業部 農商工連携課