ホーム > イベント・行事カレンダー / 食関連事業イベント・行事 / 海外展開・対日投資促進 / 農商工連携課

中東・ドバイ食ビジネスフォーラムを開催します

~ 日本食文化を世界へ!「2020ドバイ国際博覧会」に向けて ~

募集を締め切りました

平成29年7月27日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局及び(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)北海道では、「中東・ドバイ食ビジネスフォーラム」を開催します。
 本フォーラムでは、人口増加が著しいムスリム圏の中でも特に購買力が高い中東・ドバイから調理師を招き、食市場の概要や市場ニーズをご紹介します。また、本年4月に日本政府が公式参加を表明した「2020年ドバイ国際博覧会」の機会を捉え、日本食文化の普及を通じた食品輸出拡大のための方策についてディスカッションします。
 調理師やバイヤーとの商談交流会も同時開催します。

背景

 世界の食市場獲得のためには、日本食文化の魅力を正しく普及し、海外で定着させていく仕組みづくりが重要です。
 政府では、「未来投資戦略2017」(平成29年6月)において、食の輸出促進について、日本食文化と一体となったブランディング・プロモーションを実施することとしています。

概要

【日時】
平成29年8月22日(火)13:00~18:00
【場所】
札幌グランドホテル 本館2階「金枝」
(札幌市中央区北1条西4丁目 TEL:011-261-3311)
【定員】
150名(参加費無料)
【対象】
食品製造業、農水産業、地域商社、飲食店、宿泊業、自治体等関係者

プログラム

セミナー 13:00~14:30

開会挨拶 経済産業省北海道経済産業局長 児嶋 秀平
講演 食文化交流が波状的な輸出につながる理由
(株)北海道二十一世紀総合研究所 客員研究員 高澤 直之
講演 ドバイの食市場の概要
JETROドバイ事務所 所員 中尾 純二

パネルディスカッション 14:40~16:30

テーマ UAEの「台所」から見る日本食産業の可能性
<パネリスト>
  • アトリエM 総料理長 モハマド・イスラム 氏
  • ジュメイラ・ゴルフ・エステート 総料理長 セリル・トローシュ 氏
  • JUBE―重兵衛 代表 小野寺 達明 氏
  • 在ドバイ日本国総領事公邸 料理長 三原 友和 氏
  • ブルー・マーリン・イビザ・UAE 総料理長 マムー・タルクマニ 氏
<ファシリテーター>
  • (株)北海道二十一世紀総合研究所 客員研究員 高澤 直之

商談交流会 16:45~18:00

 多国籍の調理師との意見交換、食品輸出を担う輸出事業者との商談など、グローバルなビジネス交流を行います。インバウンドにおける食の多様性から早急な対応を迫られる飲食店や調理師の方にもご参加いただけます。現地商流や嗜好性など詳細な情報を⼊⼿したい事業者様はお気軽にご参加ください(参加費は無料です。調理師との交流は逐次通訳がサポートします。)

申込方法

 参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX又はE-mailにて下記の申込先までお送りください。

※ご提供いただいた内容は、本フォーラム開催の目的以外には一切使用いたしません。

申込締切:平成29年8月18日(金)

申込・問い合わせ先

フォーラム事務局((株)北海道二十一世紀総合研究所 担当:菅原)
TEL:011-231-3053
FAX:011-231-3143
E-mail:middle-east@htri.co.jp

主催・協力

【主催】
経済産業省北海道経済産業局、(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)北海道
【協力】
農林水産省北海道農政事務所、北海道、札幌市、札幌商工会議所、新輸出大国コンソーシアム北海道ブロック連絡協議会、(株)相川商店、大槻食材(株) 、(株)カネサン佐藤水産、神戸元町辰屋 、(株)千歳鶴商会、西山製麺(株)、北洋銀行、ホクレン農業協同組合連合会 ほか

パネリスト等紹介

【パネリスト】

アトリエM 総料理長 モハマド・イスラム 氏
 バングラデシュ出身、米国籍。LA、シカゴ、NYなどでホテルグループの飲食部門長として数十店舗のレストランを立ち上げ。2013年に起業し、ドバイマリーナを一望でき6千㎡の敷地面積を有する高級レストラン「アトリエM」を開業し不動の人気を得る。
ジュメイラ・ゴルフ・エステート 総料理長 セリル・トローシュ 氏
 フランス出身。欧州ツアーにて世界最高賞金総額の大会を開催する同クラブ(ドバイ中心部)の総料理長。クラブ内にはコンセプトが異なる4つのレストランを展開しそのすべてを統括。世界的権威を誇る会員組織「ルレ・エ・シャー」等に属しフランス料理への飽くなき探求を続ける。
JUBE―重兵衛 代表 小野寺 達明 氏
 茨城県出身。なだ万系列の料理店で懐石料理を修行後、祇園佐々木の店主に師事。2009年にドバイに渡り「Capital club」の和食部門を設立しヘッドシェフとして勤務。2015年に退社後、ドバイで和食を広めるべく出張料理人、料理教室主宰者、コンサルタント等、広範に活動。
在ドバイ日本国総領事公邸 料理長 三原 友和 氏
 調理師学校卒業後、国内ホテルレストランで研鑽を積み2012年より在メルボルン日本国総領事公邸の料理長に抜擢。2014年より現職。領事公邸を訪れる世界各地の要人へ、「食」を通じて特有のおもてなし文化を提供している。
ブルー・マーリン・イビザ・UAE 総料理長 マムー・タルクマニ 氏
 シリア出身。2016年にイビザ・グループのベスト・ビーチ・クラブとして最高賞を受賞した「ブルー・マリーン・イビザ・UAE」(日商1億円)の総料理長。また、DIFC(ドバイ国際金融センター)内にある、世界7大陸の料理を提供する高級レストラン「セブン・エレファンツ」の統括にも従事。

【ファシリテーター】

(株)北海道二十一世紀総合研究所 客員研究員 高澤 直之
 第54次日本南極地域観測隊の調理担当として昭和基地に赴任。帰国後、中東域での食品関連事業者との強固なネットワークを構築。氷彫刻の分野においても文部科学大臣賞をはじめ世界各地で優勝経験があり、その人脈からも日本の食産業全体を世界に発信し続けている。

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 産業部 農商工連携課