ホーム > イベント情報 / コンテンツ産業支援イベント・行事 / 健康・サービス産業課

北海道ラグビーフットボール協会招待試合を契機としたショーケースを実施します

終了しました

2019年5月27日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局及びSports Open Innovation Platform Hokkaido(SpoPla北海道)では、6月2日(日)に開催される北海道ラグビーフットボール協会招待試合の会場である札幌ドームにおいてブースを出展し、スポーツの体験会・映像技術紹介やe-sportsの実演を行います。
 スポーツの魅力を高めるコンテンツや技術等のショーケースを行うことにより、ラグビーW杯へ向けた機運を醸成します。

事業概要

 当局では、本年2月に公表した北海道スポーツ関連産業創出プランにおいて、ラグビーW杯等スポーツイベントを契機とした北海道産業のショーケース(スポーツの魅力を高める技術やコンテンツの発信・観光プロモーション等)を実施することにより、ビジネス交流機会の拡大・インバウンド需要獲得等に取り組むこととしています。
 この度、当局及びSpoPla北海道では、札幌市・北海道ラグビーフットボール協会・札幌ドーム等関係者と連携し、6月2日(日)に開催される北海道ラグビーフットボール協会招待試合(パナソニックワイルドナイツ VS トヨタ自動車ヴェルブリッツ)においてブースを出展します。
 また、9月下旬のラグビーW杯札幌開催時には、札幌駅前通地下歩行空間において産業ショーケースを行う予定です。

出展ブース概要

【日時】
2019年6月2日(日)9:00~16:00(予定)
【場所】
札幌ドーム 1階北ゲート左手側コンコース
(札幌市豊平区羊ヶ丘1番地)

画像:札幌ドーム案内図

内容

  • オリンピック競技の1つである「スケートボード」のデモンストレーション・体験会・映像技術紹介
  • パラリンピック競技の1つである「ボッチャ」の体験会
  • スポーツとゲームが融合する「e-sports」の実演

写真:「スケートボード」デモンストレーション

写真:「スケートボード」体験会

写真:「ボッチャ」体験会

写真:「e-sports」の実演

SpoPla北海道

 SpoPla北海道(Sports Open Innovation Platform Hokkaido)とは、北海道スポーツ関連産業創出プランの具現化に向けて、スポ―ツと異業種の連携により、持続的に新たなビジネスを生み出すことを目的に、スポーツをはじめ、ITやコンテンツ、食、観光、地域(自治体)等のあらゆる産業や関係者が連携・融合し、新たなイノベーションを生み出していくためのプラットフォームです。
 既存ビジネスのさらなる高付加価値化や、新たなビジネスの創出、地域課題解決を図りたい企業や団体、個人の方の参加者を募集しています。

参考

北海道ラグビーフットボール協会招待試合 開催概要

パナソニックワイルドナイツ VS トヨタ自動車ヴェルブリッツ

【日時】
2019年6月2日(日)13:00キックオフ
【場所】
札幌ドーム
【主催】
関東ラグビーフットボール協会
【共催】
札幌市
【主管】
北海道ラグビーフットボール協会

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 健康・サービス産業課