ホーム > イベント情報 / コンテンツ産業支援イベント・行事 / 健康・サービス産業課

札幌駅前通地下歩行空間でスポーツ関連産業ショーケースを実施します

~ 産業ショーケース「北海道Sports×Tech×Culture体験ZONE」 ~

終了しました

2019年9月6日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局及びSports Open Innovation Platform Hokkaido(SpoPla北海道)では、ラグビーW杯予選試合が札幌で開催される9月21日(土)、22日(日)の両日、札幌駅前通地下歩行空間北4条広場で、産業ショーケース「北海道Sports×Tech×Culture体験ZONE」を実施します。
 VR・ARやドローン等、スポーツの魅力を更に高めるテクノロジーやコンテンツ、北海道のプロスポーツチーム情報の展示・体験を通じ、国内外の多くの方に「魅せるスポーツコンテンツ」の可能性を広く発信します。

概要

 当局では、本年2月に公表した北海道スポーツ関連産業創出プランにおいて、スポーツとVR・AR・ドローン等の先端技術を融合することでスポーツの魅力を高める取組を行っています。
 この度、国内外からの注目度が高く多数の来道が見込まれるラグビーW杯札幌予選が行われる期間中、スポーツ・技術・文化を体感するショーケースとして、先進的なスポーツの楽しみ方やビジネスの可能性、北海道のプロスポーツチーム関連情報について広く発信するとともに、フィジー共和国大使館および在江別フィジー共和国名誉領事館との連携により、フィジー共和国の産業・観光情報を提供します。

体験ZONE概要

【日時】
  • 2019年9月21日(土)10:00~17:30
    9月22日(日)10:00~17:00
【場所】
札幌駅前通地下歩行空間 北4条広場
【主催】
SpoPla北海道、経済産業省北海道経済産業局
【協力】
No Maps実行委員会

画像:NoMapsロゴ

内容

  • ARを活用したHADOモンスターバトル体験
  • ドローン操縦体験・デモレース
  • eスポーツ体験
  • ミス・ユニバース・ジャパン日本大会北海道代表 豊澤瞳さんとの健康体操
  • フィジー共和国の産業・観光情報発信およびカルチャー体験
  • 北海道のプロスポーツチーム情報の展示

写真1

写真2

写真3

写真4

写真5

SpoPla北海道

 SpoPla北海道(Sports Open Innovation Platform Hokkaido)とは、北海道スポーツ関連産業創出プランの具現化に向けて、スポ―ツと異業種の連携により、持続的に新たなビジネスを生み出すことを目的に、スポーツをはじめ、IT やコンテンツ、食、観光、地域(自治体)等のあらゆる産業や関係者が連携・融合し、新たなイノベーションを生み出していくためのプラットフォームです。
 既存ビジネスのさらなる高付加価値化や、新たなビジネスの創出、地域課題解決を図りたい企業や団体、個人の方の参加を募集しています。


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 健康・サービス産業課