ホーム > 公募情報その他公募情報:採択 / コンテンツ産業支援公募 / 健康・サービス産業課

プロスポーツチームとの実証事業を行う企業・テーマが決定しました

~ スポーツオープンイノベーションの推進を支援 ~

2021年11月19日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局及びSPOPLA北海道は、「スポーツ×関連産業」による新たなビジネス・サービスの創出(スポーツオープンイノベーション)へ向け、スポーツ庁地域版SOIP事業の一環として、道内プロスポーツチーム等と連携したマッチング事業を行っています。
 このたび、レバンガ北海道及びレッドイーグルス北海道のさらなる価値向上や課題解決を目指すテーマに対するビジネスアイデアを募集し、実証事業へ進む企業・テーマが決定しました。

※SOIP:スポーツ界と他産業界が連携することで新たな財・サービスの創出を促進する社会の実現を目指している。

SPOPLA HOKKAIDIOロゴマーク

概要

 以下の2チームのテーマに対するアイデアを募集し、11月12~13日に開催されたINNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILDにおけるブラッシュアップを経て採択された企業が今後、サポーター企業やメンターからのバックアップを受け、社会実装へ向けたインキュベーション・実証実験を進めます。

 詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。

採択企業及びテーマ

レバンガ北海道
  • 企業名:(株)VRooM
  • 実証テーマ:xR活用でファンコミュニケーション及び観戦体験・機会の創出
レッドイーグルス北海道
  • 企業名:(株)タザワ
  • 実証テーマ:モバイルテクノロジー活用×来場体験価値向上

 詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。

問い合わせ先

SPOPLA北海道事務局 (株)北海道二十一世紀総合研究所内 担当:小川・高松

SPOPLA北海道

 SPOPLA北海道(Sports Open Innovation Platform Hokkaido)は、「北海道スポーツ関連産業創出プラン」の具現化に向けて、スポ―ツと異業種の連携により、持続的に新たなビジネスを生み出すことを目的に、スポーツをはじめ、IT やコンテンツ、食、観光、地域(自治体)等のあらゆる産業や関係者が連携・融合し、新たなイノベーションを生み出していくためのプラットフォームです。
 既存ビジネスのさらなる高付加価値化や、新たなビジネスの創出、地域課題解決を図りたい企業や団体、個人の方の参加を募集しています。

参考


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 健康・サービス産業課