ホーム > IT・情報政策 / ものづくり産業活性化イベント・行事 / サービス・観光産業振興 / 流通・物流 / 製造・情報産業課

ドローンによる緊急医療用品搬送の実証実験をエアロセンス(株)・当別町が実施しました

~ 道内初、官民共同によるドローンプロジェクト ~

2019年10月4日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局では、空の産業革命の実現に向けた北海道内におけるドローンの利活用促進を目的とした政策を推進しています。
 この度その一環として、エアロセンス(株)および当別町が、ドローンを用いた緊急医療用品搬送の実証実験を、2019年10月3日当別町内において実施しました。
 官民共同によるドローンプロジェクトの実施は、道内では初めての試みとなります。

背景

 現在、山間部及び離島エリアで活発にドローンが利用されようとしており、人口減少・少子高齢化が進む北海道においても、新たな物流手段としてドローンに対する期待が年々高まりつつあります。
 今回の実証実験は、本年6月に当局が主催した意見交換会を契機に、当局が仲介役となってエアロセンス(株)と当別町とのマッチングを実現、実証実験の実施に至ったものです。

実証実験概要

【日時】
2019年10月3日(木)10:00~11:30
【実施主体】
エアロセンス(株)、当別町
【協力】
北海道医療大学、(株)セコマ、ソフトバンク(株)
【実施場所】
北海道医療大学~当別川河川敷(往復距離 約20km)
【機体情報】
エアロセンス社製 「AS-MC03-T(BOX)」

実施内容

  • 大規模災害時、避難場所までの道路が寸断された事態を想定し、緊急医療用品(提供:北海道医療大学)と軽食(提供:(株)セコマ)の合計1kg程度を積載したドローンを北海道医療大学から避難場所(当別川河川敷)へ向け発進
  • 避難場所(当別川河川敷)に到着後、避難住民は緊急医療用品・軽食を積み下ろすとともに、避難場所の現在情報を入力したスマートフォンを積載し、北海道医療大学へ向けて再飛行
  • 本プロジェクトでは、携帯電話網の上空利用の許可を取得したソフトバンク(株)の回線提供で、ドローンからの映像及び運行制御をセルラー通信で行う目視外飛行の搬送を実施
  • 北海道医療大学にドローンが到着後、避難場所から搬送されてきたスマートフォンに入力されている情報を基に、当別町長が災害時対応を指示
  • 写真:チューニング状況

    チューニング状況

  • 写真:北海道医療大学出発

    北海道医療大学出発

  • 写真:緊急医療用品搬送

    緊急医療用品搬送

  • 写真:避難場所着陸時

    避難場所着陸時

  • 写真:スマートフォン積載

    スマートフォン積載

  • 写真:到着・災害状況確認

    到着・災害状況確認

実施主体の概要

エアロセンス(株)

 エアロセンスはソニーとZMPの合弁会社として、2015年8月に設立。
 ソニーのカメラ・センシング・通信ネットワーク・ロボット分野における技術と、ZMPの自動運転・ロボット技術・産業分野へのビジネス経験を活かし、自律型無人航空機(UAV)とクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションの提供を通じて、より効率的な測量、点検、管理、物流等を実現し、環境にやさしく安心して暮らせる社会の構築に貢献。

当別町

 当別町ではドローンを活用した地域振興に着目し、平成29年に商工課内にドローン係を新設。
 町内には北海道ドローン協会の練習場を有し、道内におけるドローンオペレータの育成を推進しているほか、ドローンを活用した安心・安全なまちづくりや産業振興等の活動を推進。

問い合わせ先

経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 製造・情報産業課
TEL:011-709-2311(内線2565)
FAX:011-707-5324
E-mail:hokkaido-seizojoho@meti.go.jp


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 製造・情報産業課