ホーム > イベント情報 / 北海道IT・バイオ産業クラスター / IT・情報政策IT利活用イベント・行事 / ものづくり産業活性化イベント・行事 / 技術・知的財産知的財産 / 中小企業支援小規模企業支援事業 / 製造・情報産業課

ものづくり企業のためのIoT導入オンラインセミナーを開催します

~ IoT導入・知財活用に必要な知識・ノウハウを提供 ~

募集を締め切りました

2020年8月11日
2020年10月6日更新
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局では、IoTの利活用に関心を持つ中小企業を対象に、身近な企業のIoT導入活用事例、IoT導入後も競争力を維持していくための知的財産の活用・保護方法の紹介など、今後自社が取り組むべきIoT導入や知財戦略をイメージ出来るセミナーをオンラインで開催します。

【2020年10月6日更新】本セミナーで配信した映像を、動画によりmetichannel(動画共有サイト YouTube)で公開しました。

開催概要

【日時】
2020年8月26日(水)13:00~16:00
【参加費】
無料
【対象】
道内中小企業(ものづくり企業、食品メーカーなど)の経営者、工場長等の管理職、現場リーダーなど

講演者略歴

<第一部 中小・小規模企業の身近なIoT導入事例>
ウイングアーク1st(株) Connected Industriesエヴァンジェリスト 大川 真史 氏

 IoT、AI等デジタル化による産業構造転換に関する調査研究、政策提言、情報発信を行い、明治大学、日本商工会議所、東京商工会議所の役職を兼務。日本最大IoTコミュニティ「IoTLT」の複数分科会を主催。経済産業省、日本経団連、経済同友会、日本商工会議所、自治体や各地商工会議所等での講演や新聞・雑誌等への寄稿も多数。

<第二部 サツドラグループが進める労働生産性向上のためのデジタル技術の活用術>
(株)リージョナルマーケティング 代表取締役 渡部 真也 氏

 地域共通ポイントカード「EZOCA(エゾカ)」の運営の他、メディア事業やコミュニティ事業など地域におけるプラットフォーム形成のための多様な事業を手がける。

<第三部 中小企業における知財戦略と道内企業のIoT知財戦略の実情>
弁護士法人T&N 長友国際法律事務所 弁理士 常本 俊幸 氏

 AI、IoTを専門分野とする札幌市内の弁理士。企業在職時は製品開発プロジェクトのリーダーを務めながら知財部門の創設を提案、立ち上げするなど知財戦略立案などで幅広く知財活動を推進。

申込方法

 以下のウェブサイトから申し込みください。

申込締切:2020年8月25日(火)

問い合わせ先

(公財)北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団) クラスター事業部 担当:黒澤・服部
〒001-0021 札幌市北区北21条西12丁目 コラボほっかいどう
TEL:011-708-6526
E-mail:hcluster@noastec.jp

主催・共催・後援

【主催】
経済産業省北海道経済産業局、(公財)北海道科学技術総合振興センター
【共催】
札幌市、北海道銀行、北洋銀行
【後援】
(一社)北海道機械工業会、(一社)北海道食品産業協議会、(一社)北海道IT推進協会、北海道ITコーディネータ協議会、北海道経済連合会

参考

 室蘭市との共催により、ものづくり企業のためのIoTセミナー(本セミナーとは内容一部変更あり)を実施します。

【日時】
2020年8月27日(木)15:00~17:00

 詳細および申込方法は以下のウェブサイトをご覧ください。


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 製造・情報産業課