ホーム > 公募情報補助金:採択 / 省エネルギー・新エネルギー支援制度等公募情報 / エネルギー対策課

平成31年度「地熱発電の資源量調査・理解促進事業費補助金(理解促進事業に係るもの)」の2次採択事業を決定しました

2019年7月17日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局では、平成31年度「地熱発電の資源量調査・理解促進事業費補助金(理解促進事業に係るもの)」について採択事業を決定しました。
 全国で3件の事業を採択し、北海道内では1件の事業を採択しました。

補助金の概要

 本事業は地熱発電の導入を目的とした地熱資源開発の推進を図るため、地方公共団体や地熱資源開発事業者等が地域住民への地熱資源開発に対する理解を促進することを目的として行う事業を支援するものです。

採択事業者

事業者名 実施地域 事業概要
弟子屈町(法人番号3000020016659)
弟子屈町
 協議会、町民勉強会、先進地事例視察を通じて地熱資源開発の理解促進を図るとともに、電力系統への接続が厳しい状況において、独立型電源としての地熱発電導入に係る可能性調査等を実施する。

※採択事業は勉強会等事業であり、補助率、補助限度額等は以下のとおりです。

補助率・補助限度額

<勉強会等事業>
 地熱資源開発に対する地域住民等の方々の理解促進に向けた勉強会や協議会などの実施に対して支援を行います。
  • 【対象地点】出力1,000kW以上を念頭に地熱資源開発を進めている又は今後地熱資源開発を予定している地点が対象。ただし、継続事業として実施する場合の出力については、従前同様100kW以上とする。
  • 【補助率】10/10
  • 【補助限度額】50,000千円
<温泉影響調査等事業>
 地熱資源開発が進められた後、地熱資源開発地点周辺の温泉において、万が一何らかの理由により温泉の湧出量等が過度に減少した場合における温泉資源の調査や温泉井戸の代替掘削について支援を行います。
  • 【対象地点】出力5,000kW以上を念頭に地熱資源開発を進めている又は既設発電所の出力を5,000kW以上に増強等するための追加掘削を行っている地点。
  • 【補助率】10/10
  • 【補助限度額】100,000千円
※継続事業の考え方について(以下の要件を全て満たしていること。)
  1. 「平成29年度地熱発電に対する理解促進事業費補助金」又は「平成30年度地熱発電に対する理解促進事業費補助金」の勉強会等事業に採択され、事業を実施していること。
  2. 地熱資源開発を進めている又は今後地熱資源開発を予定している地点が1.の事業と同様であること。
  3. 1.の事業を踏まえた事業であること。

 全国の採択案件等については以下のウェブサイトをご覧ください。


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 エネルギー対策課