ホーム > 各種相談窓口特別相談窓口 / 新型コロナウイルス感染症関連情報 / 中小企業支援小規模企業支援事業 / 産業振興課

持続化給付金の申請サポート会場を開設します

2020年5月13日
2020年5月27日更新
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省では、新型コロナウイルス感染症の拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金を支給しています。
 申請は電子申請を原則としていますが、自身で電子申請を行うことが困難な方のために、2020年5月12日(火)(北海道内においては2020年5月14日(木))より順次、申請サポート会場を開設します。

【2020年5月27日更新】北海道エリア 申請サポート会場一覧を更新しました。

申請サポート会場

 申請サポート会場では、電子申請の手続きをサポートさせていただきます。
 必要書類のコピー(できれば現物)を持参の上、来場ください。
 なお、申請サポート会場は新型コロナウイルス感染防止の観点から完全事前予約制とします。事前予約なしに来場いただいてもサポートが受けられませんので、ご注意ください。

事前予約の方法

 Web予約、電話予約(自動音声ガイド)、電話予約(オペレーター対応)のいずれかで予約できます。

Web予約

 以下の持続化給付金事務局ウェブサイトより予約ください。

電話予約(自動音声ガイド)

 電話予約(自動音声ガイド)専用ダイヤルまで電話してください。
 自動ガイダンスで、予約方法を案内します。

※予約する会場の「会場コード」が必要になりますので、事前に近くの「会場コード」を確認してください。
FAX送信(同番号)で取り寄せていただくか、以下の電話予約(オペレーター対応)まで問い合わせしてください。
また、サポート会場一覧にも掲載しています。

電話予約(自動音声ガイド)専用ダイヤル
TEL:0120-835-130
受付時間:24時間予約可能

電話予約(オペレーター対応)

 電話予約(オペレーター対応)まで電話してください。

※申請サポート会場の予約に関する問い合わせは、当窓口以外では、お受けできません。
ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

電話予約(オペレーター対応)
TEL:0570-077-866
受付時間:9:00~18:00(平日、土・日・祝日)

申請サポート会場に持参いただく書類

 来場の際に持参いただいた資料をもとに、電子申請の手続きをサポートします。
 また、申請要領を確認の上、申請の特例を用いられる場合は、証拠書類等もあわせて持参してください。

持参書類

  • 必要書類のコピー(できれば現物)
<中小法人等の場合>
  • 確定申告書別表一の控え(1枚)及び法人事業概況説明書の控え(2枚)計3枚
    (対象月の属する事業年度の直前の事業年度分)

    ※収受日付印が押されていること(e-Taxの場合は受信通知)

  • 売上台帳や帳簿等、対象月の月間事業収入がわかるもの(2020年◯月と明確な記載があるもの)
  • 法人名義の口座通帳の写し(法人の代理者名義も可)
<個人事業者等の場合>
  • 確定申告書類
    • 青色申告の場合
      2019年分の確定申告書第一表の控え(1枚)と所得税青色申告決算書の控え(2枚) 計3枚
    • 白色申告の場合
      2019年分の確定申告書第一表の控え(1枚)計1枚

    ※収受日付印が押されていること(e-Taxの場合は受信通知)

  • 売上台帳や帳簿等、対象月の月間事業収入がわかるもの(2020年◯月と明確な記載があるもの)
  • 申請者本人名義の口座通帳の写し
  • 本人確認書類(住所・氏名・明瞭な顔写真のある身分証明書)

参考


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 産業部 産業振興課