ホーム > 公募情報補助金:公募 / イベント情報 / 中小企業支援 / 地域未来投資促進法 / 地域未来投資促進室

令和3年度 地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域産業デジタル化支援事業)の公募及び公募説明会を開催します

募集を締め切りました

2021年2月5日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省では、地域経済を牽引する企業のデジタル化を支援し、地域の高生産性・高付加価値企業群を創出・強化することを目的として、令和3年度 地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域産業デジタル化支援事業)の公募を開始します。
 また、本補助金の公募説明会を2月12日(金)にオンラインで開催します。

事業概要

 本事業は、地域未来牽引企業等(以下、「実証企業」という。)がIT企業等と連携して新事業を実証する取組について、事業管理機関がサポートすることにより地域産業のデジタル化のモデルケースとして創出し、地域への横展開を目指す取組に要する経費を補助します。
 具体的には、事業管理機関及び実証企業の以下の事業を補助対象とします。

(1)事業管理機関
  • ビジネスモデル実証支援

    実証企業が取り組む、デジタル技術を活用したビジネスモデル案に関する実証に係る支援

  • ビジネスモデル実証予備群の発掘

    実証企業以外で、今後ビジネスモデル実証に取り組む企業群の発掘

  • 事例整理、普及展開

    デジタル技術を活用したビジネスモデルの開発、及び開発の支援に関するノウハウを蓄積し、地域の多数の企業に迅速かつ成功確率の高いビジネスモデル開発を促すための事業

【対象経費】人件費、旅費、会場費、謝金、備品費、借料及び賃料、消耗品費、印刷製本費、補助員人件費、その他諸経費、外注費

(2)実証企業
 事業管理機関のサポートを受け、自社の将来的な収益源となる、デジタル技術を活用したビジネスモデル案の実証(試作、顧客ヒアリング、事業性評価と改善)

【対象経費】人件費、プロトタイピング費、マーケティング費

事業スキーム

画像:事業スキーム

補助対象事業者

(1)事業管理機関
業務を遂行するに十分な管理能力、体制が整備されている法人
(2)実証企業
地域未来牽引企業、地域未来投資促進法の地域経済牽引事業計画の承認事業者、その他の会社

ただし、常時使用する従業員数が1,000人以上の者は除きます。

補助率・補助額

(1)事業管理機関
【補助率】
定額補助10/10
【補助上限額】
A類型(実証企業2者以上)1,800万円
B類型(実証企業1者以上)1,400万円
(2)実証企業(間接補助)
【補助率】
中小企業者:2/3以内、非中小企業:1/2以内
【補助上限額】
中小企業者:200万円/者、非中小企業:150万円
【補助下限額】
中小企業者・非中小企業者:50万円/者

事業実施期間

交付決定日~2022年3月31日(木)

公募期間

2021年2月5日(金)~3月18日(木)17:00

公募要領

申請方法

 申請書類の提出はJグランツ(電子申請システム)上でのみ受け付けます。

※電子申請にあたっては、GビズIDプライムアカウントの取得が必要です。取得の手続きには、必要事項を入力して作成した申請書と印鑑証明書を「GビズID運用センター」へ郵送してください。審査に2~3週間を要しますので、余裕をもって準備願います。

オンライン説明会

【日時】
2021年2月12日(金)13:30~14:30
【配信方法】
Skype for Business
【申込方法】
E-mailにて、機関名、住所、氏名、部署・役職名、電話番号、E-mailアドレスを記入の上、以下の申込先へお送りください。
  • 2月10日(水)までに、登録いただいたメールアドレスに参加用URLをお送りします。
  • 応募資格として参加を義務づけるものではありません。
  • 提供いただいた情報は、本説明会開催の目的以外には一切使用しません。

申込締切:2021年2月10日(水)17:00

申込・問い合わせ先

経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 地域未来投資促進室

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 地域未来投資促進室