ホーム > イベント情報 / 食関連事業イベント・行事 / 海外展開・対日投資促進海外展開施策情報 / 地域未来投資促進法 / 食・観光産業課

シンガポールで「北海道・十勝 試食商談会」を開催します

~ ミシュランガイド星付きレストランの調理師が十勝の食材が持つ価値を伝える ~

終了しました

平成31年2月19日
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局では、食の輸出事業を推進しており、その一環として平成31年2月25日(月)にシンガポールで「北海道・十勝試食商談会」を開催します。
 本試食商談会では、現地のミシュランガイド星付きレストランの調理師ら11店・11名が十勝の食材を使った和洋のアラカルトメニューを調理して、現地の高級レストランの食材調達決定権を持つ調理師(30名程度)に振る舞うことにより、十勝の食材が持つ価値を伝えます。

背景・目的

 当局では、富裕層の多いシンガポールへの十勝の農産物輸出拡大事業の第1弾として、昨年8月に、現地からミシュランガイドで星を獲得したレストランの調理師ら12店・13名を招へいし、十勝の産地を巡る食産業ツアーを開催しました。各調理師から、十勝の食材の価値が高く評価され、じゃがいも、スイートコーン、山わさびなどの商談成約につながっています。
 今般の試食商談会は、この事業の第2弾として、昨年8月に招へいした調理師が、十勝の食材が持つ価値をプロの技で引き出して伝える「調理師 to 調理師」の取組です。
 また、十勝の事業者も渡航し、農産物の魅力や生産にかける思いをプレゼンし、シンガポールの高級レストランにおける十勝の食材利用促進を図ります。

概要

【日時】
平成31年2月25日(月)15:00~17:00
【場所】
イタリアンレストラン「Luka」(シンガポールタンジョンパガー通り18)
【参加者】
シンガポールのレストランで食材決定権を持つ調理師30名程度、(株)山本忠信商店[音更町]、(株)プライム・ストリーム北海道[音更町]、(有)十勝しんむら牧場[上士幌町]、山川農園[芽室町]、北王農林(株)[幕別町]
【主催】
経済産業省北海道経済産業局、(株)北海道二十一世紀総合研究所

使用される十勝の食材(予定)

 じゃがいも、長いも、牛乳、ヨーグルト、チーズ各種、バター、小麦粉、大豆、小豆、山わさび、マッシュルーム、スイートコーン、ゆり根、豆乳など

参考

※なお、本事業は(株)山本忠信商店、(株)プライム・ストリーム北海道を中核企業とする地域中核企業創出・支援事業の一環として実施するものです。


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 食・観光産業課