ホーム > 地域振興・産業立地 / 地域経済分析システム(RESAS:リーサス) / 企画調査課

地域経済分析システム(RESAS)の機能拡充について

~ 観光施設の人気度や訪日外国人の消費動向を新たに“見える化”します ~

平成27年12月15日
経済産業省北海道経済産業局

 内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)及び経済産業省が本年4月から提供している「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)に、12月18日から新たなマップ及び機能が追加されます。
 特に、観光マップにおいては、従来の「滞在人口の推移」や「観光客の動き」の分析機能に加え、新たに「観光施設の人気度・来訪者の出発地」や「訪日外国人の消費行動」等が“見える化”され、拡大するインバウンド受入等に向けた観光・販売促進プロモーションの検討や戦略作成にご活用いただけます。

※今回追加する内容は、一部を除き一般公開されるものであり、皆様に広くご活用いただけます。

今回追加するマップ及び機能

1.観光マップ(機能拡充)

○目的地分析(自治体職員限定メニュー。ただし平成28年4月を目途に一般公開予定。)
経路検索アプリのデータに基づき、観光施設の検索回数をマップやランキングで表示し、その地域における観光施設の人気度を把握できます。
○外国人消費花火図
クレジットカードのデータに基づき、訪日外国人のカード消費額を国籍別・部門別に表示し、地域における訪日外国人の消費行動を把握できます。
○外国人消費分析
上記のカード消費額に加え、取引件数や取引単価をマップやグラフに表示することで、地域における訪日外国人の消費額や消費単価を把握できます。

2.地域経済循環マップ(新規追加)

○地域経済循環図
地域のお金の流れを生産(付加価値額)、分配(所得)、支出の三段階で「見える化」し、地域経済の好循環を実現するために改善すべきポイントを検討できます。
  • 生産分析:地域で経済波及効果の見込める産業が把握できます。
  • 分配分析:所得の流出入や、他地域と比較した場合の所得水準の優位性等が把握できます。
  • 支出分析:地域の民間消費額や民間投資額、それらの流入・流出状況等が把握できます。

3.農業マップ(機能拡充)

○農業者分析
年間延べ農作業日数や農業経営者の年齢構成、農業生産関連事業の実施状況、法人化率等から、地域の農業経営体の実態が把握できます。

4.林業マップ(新規追加)

○林業総収入
地域の林業経営体の収入について、林産物販売・林業作業請負別で把握できます。

参考

 地域経済分析システム(RESAS)の概要については、以下をご覧ください。

 拡充されるマップ・機能の詳細については、以下をご覧ください。

 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局公表ページについては、以下をご覧ください。


ページの先頭に戻る

PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe Reader が必要です。
Adobe Reader ダウンロード

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 総務企画部 企画調査課