ホーム > 地域振興・産業立地 / 地域経済分析システム(RESAS:リーサス) / 企画調査課

地域経済分析システム(RESAS)の機能拡充について

~ 新たなマップの追加および産業マップの一部を公開します ~

平成28年9月30日
経済産業省北海道経済産業局

 平成28年9月30日から、地域経済分析システム(RESAS:リーサス)の機能のうち、これまで国や自治体職員のみが利用可能であった「全産業花火図」(産業マップ)の一部を一般公開します。これにより、どなたでも地域産業の企業数や売上高などを簡単な操作で把握することができます。
 また、地域の製造業の出荷額や卸売業、小売業の商品販売額、売場面積を時系列で把握できる機能などを追加します。

※RESASは、「Regional Economy and Society Analyzing System」の略

一般公開されるマップ及び機能

産業マップ

全産業花火図
 企業数、従業者数、売上高、付加価値額、事業所数の産業別割合が表示され、地域経済を支える主要産業が特定できます。
※付加価値額とは、地域の産業がどれだけ稼いでいるかを表す指標(付加価値額=売上高-費用総額+給与総額+租税公課)

今回追加するマップ及び機能

1.産業マップ

製造業花火図、製造業の地域間比較
 製造業の事業所数や出荷額等が表示され、自地域における製造業の強み・弱みが把握できます。また、他地域比較により、地域間連携等の支援策の検討に活用できます。
研究開発費の地域間比較
 地域の主要企業における研究開発費の計上状況の把握や他地域比較ができ、研究開発費の継続性等が分析できます。
企業の海外取引額分析
 地域の主要企業における輸出入取引額や取引相手の地域が表示され、自地域における海外展開の状況や今後の支援策の検討に活用できます。

2.地域経済循環マップ

労働生産性等の動向分析
 目標とする経済成長率を実現するために必要な労働生産性等の要因が表示され、地域の生産性向上に向けた施策の検討に活用できます。

3.農林水産業マップ

林業マップ-山林分析、林業者分析
 地域の保有山林面積や素材生産量、林業者の作業日数や法人化率が表示され、森林整備や事業体の育成施策の検討に活用できます。
水産業マップ-(海面・内水面)漁船・養殖面積等分析、(海面・内水面)漁業者分析、内水面漁獲物等販売金額
 種類別に漁船隻数や養殖面積、漁業就業者数、漁獲物販売金額等が表示され、漁業の状況把握や経営・生産体制強化策の検討に活用できます。

4.消費マップ

商業花火図、商業の地域間比較
 卸売業、小売業の事業所数や年間商品販売額、売場面積等が表示され、商業支援策の検討や他地域との比較による自地域の特徴把握に活用できます。

5.自治体比較マップ

自治体財政状況の比較
 自治体における財政力指数等の主要な財政指標が表示されるとともに、他地域との比較や推移も見ることができ、自治体の財政健全度が分析できます。

※財政力指数とは、自治体の財源の余裕度を表す指標(財政力指数=基準財政収入額/基準財政需要額)

参考


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 総務企画部 企画調査課