ホーム > 経済動向・統計産業別動向 / 企画調査課

北海道大型小売店販売動向
(平成22年8月速報)

~ 飲食料品は堅調なものの、秋物衣料は不振 ~

平成22年10月7日
経済産業省北海道経済産業局


 平成22年8月の北海道大型小売店販売動向(速報)は以下のとおりである。

大型小売店販売額前年同月比(増減率)

(単位:%)

   
販売額計 衣料品 身の回り品 飲食料品 その他
大型小売店計 ▲3.1
(▲1.7)
▲9.1
(▲2.9)
▲21.4
(▲9.0)
▲1.1
(▲1.8)
▲1.9
(0.7)
  百貨店 ▲12.9
(▲2.5)
▲11.2
(▲1.7)
▲23.5
(▲5.9)
▲11.6
(▲6.5)
▲11.8
(5.0)
スーパー 0.0
(▲1.5)
▲6.0
(▲4.6)
▲16.2
(▲15.5)
0.5
(▲1.1)
1.9
(▲0.7)
注 ( )は既存店。▲はマイナスを示す。

グラフ画像:大型小売店販売額増減率の推移(全店ベース)

グラフ画像:大型小売店販売額増減率の推移(既存店ベース)

 8月の管内大型小売店販売額は736億33百万円で、全店ベースでは前年同月比▲3.1%と11か月連続で前年を下回った。
 品目別にみると、飲食料品が4か月連続で前年を下回ったほか、衣料品、身の回り品、その他も前年を下回った。
 なお、既存店ベースでは同▲1.7%となった。

1.業態別販売動向

1)百貨店

 当月の百貨店販売額は162億87百万円で、全店ベースでは前年同月比▲12.9%と前年を下回った。
 品目別にみると、衣料品、身の回り品、飲食料品、その他のすべての品目で前年を下回った。
 なお、既存店ベースでも同▲2.5%と前年を下回った。

2)スーパー

 当月のスーパー販売額は、573億46百万円で、全店ベースでは前年同月比0.0%と前年並みとなった。
 品目別にみると、衣料品、身の回り品が前年を下回ったものの、飲食料品、その他は前年を上回った。
 なお、既存店ベースでは同▲1.5%と前年を下回った。

2.地域別販売動向

〔札幌市〕

 大型小売店の販売額は379億30百万円(百貨店118億58百万円、スーパー260億73百万円)で、全店ベースでは前年同月比▲3.3%(百貨店同▲10.2%、スーパー同0.2%)と前年を下回った。
 品目別にみると、飲食料品が2か月振りに前年を下回ったほか、衣料品、身の回り品、その他も前年を下回った。
 なお、既存店ベースでは同▲1.6%(百貨店同▲1.6%、スーパー同▲1.6%)と前年を下回った。

〔札幌市以外の地域〕

 大型小売店の販売額は357億2百万円(百貨店44億29百万円、スーパー312億73百万円)で、全店ベースでは前年同月比▲2.9%(百貨店同▲19.2%、スーパー同▲0.1%)と11か月連続で前年を下回った。
 品目別にみると、衣料品、身の回り品、飲食料品、その他のすべての品目で前年を下回った。
 なお、既存店ベースでは同▲1.8%(百貨店同▲5.0%、スーパー同▲1.3%)と前年を下回った。

[地域別大型小売店販売額前年同月比(増減率)]

(単位:%)

   
合計 衣料品 身の回り品 飲食料品 その他
札幌市 ▲3.3
(▲1.6)
▲7.2
(▲2.2)
▲23.6
(▲8.6)
▲0.3
(▲2.1)
▲3.3
(1.8)
  百貨店 ▲10.2
(▲1.6)
▲8.0
(▲0.9)
▲24.8
(▲6.4)
▲6.2
(▲5.4)
▲10.7
(6.6)
スーパー 0.2
(▲1.6)
▲5.3
(▲5.3)
▲17.5
(▲17.5)
0.9
(▲1.4)
0.5
(▲0.3)
札幌市以外
の地域
▲2.9
(▲1.8)
▲12.6
(▲4.3)
▲16.3
(▲9.9)
▲1.9
(▲1.5)
▲0.1
(▲0.6)
  百貨店 ▲19.2
(▲5.0)
▲22.0
(▲4.7)
▲17.5
(▲3.7)
▲20.6
(▲8.7)
▲14.3
(1.6)
スーパー ▲0.1
(▲1.3)
▲6.6
(▲4.0)
▲15.3
(▲14.1)
0.1
(▲0.8)
3.4
(▲1.1)
[北海道大型小売店商品券販売額、売場面積、従業員数等]

合計 百貨店 スーパー 前年同月比(%)
合計 百貨店 スーパー
商品券
(百万円)
307 191 116 ▲23.0
(▲21.7)
▲33.9
(▲32.2)
5.4
(5.6)
売場面積
(m2
1,533,803 299,760 1,234,043 ▲4.2 ▲18.5 0.1
従業員数
(人)
34,149 3,875 30,274 ▲0.8 ▲14.6 1.3
営業日数 30.9 30.9 30.9 ▲0.2 0.1 ▲0.3
売場面積1m2
当たり販売額
(万円)
4.8 5.4 4.6 1.1 7.0 ▲0.0
従業員1人
当たり販売額
(万円)
215.6 420.3 189.4 ▲2.3 2.1 ▲1.2
店舗数 283 17 266 0 -4 +4
  1. この統計における百貨店およびスーパーとは、従業員50人以上の小売商店であって、次に該当するもの。
    • (1)百貨店:日本標準産業分類の百貨店のうち、(2)のスーパーに該当しない商店であって、かつ、売場面積が特別区及び政令指定都市で3,000m2以上、その他の地域で1,500m2以上の商店。
    • (2)スーパー:売り場面積の50%以上についてセルフサービス方式を採用している商店であって、かつ、売り場面積が1,500m2以上の商店。
  2. ( )は既存店の前年同月比。既存店とは当月及び前年同月とも調査対象となった商店。
  3. ▲はマイナスを示す。
  4. 店舗数の前年同月比は店舗数の増減数。
[全国大型小売店販売額前年同月比(平成22年8月)]

(販売額:百万円,前年比:%)

   
大型店計 百貨店 スーパー
販売額 前年比 販売額 前年比 販売額 前年比
合計 1,549,696 ▲1.3
(▲1.9)
474,312 ▲5.0
(▲3.0)
1,075,383 0.4
(▲1.3)
衣料品計 314,109 ▲5.7
(▲4.3)
198,531 ▲6.6
(▲4.6)
115,578 ▲4.2
(▲3.7)
  紳士服・洋品 47,607 ▲7.0
(▲5.6)
24,558 ▲5.6
(▲3.3)
23,049 ▲8.4
(▲8.0)
婦人服
・子供服
164,333 ▲6.1
(▲4.8)
104,228 ▲6.5
(▲4.8)
60,105 ▲5.3
(▲4.9)
その他の
衣料品
24,812 4.2
(6.5)
12,910 ▲11.8
(▲9.9)
11,902 29.8
(33.1)
身の回り品 77,357 ▲7.0
(▲5.3)
56,835 ▲5.9
(▲3.5)
20,522 ▲9.8
(▲9.9)
飲食料品 862,446 0.6
(▲0.9)
145,528 ▲3.8
(▲2.2)
716,918 1.5
(▲0.7)
その他計 373,141 ▲1.8
(▲1.8)
130,254 ▲4.0
(▲1.6)
242,887 ▲0.6
(▲2.0)
  家具 13,994 ▲3.4
(▲2.8)
7,670 ▲6.7
(▲5.3)
6,324 0.9
(0.5)
家電 22,581 8.8
(6.6)
2,393 ▲9.1
(▲6.4)
20,188 11.4
(8.4)
家庭用品 56,101 0.6
(▲0.3)
16,437 1.0
(2.8)
39,664 0.4
(▲1.6)
その他の
商品
267,025 ▲3.0
(▲2.8)
86,433 ▲4.6
(▲1.8)
174,292 ▲2.1
(▲3.3)
食堂・喫茶 19,739 ▲2.6
(▲1.2)
17,320 ▲3.3
(▲1.8)
2,419 2.7
(3.2)
注 ( )は既存店。▲はマイナスを示す。
〔平成22年7月 確報(全国)〕
  平成22年7月 平成21年7月 前年同月比 前年同月比
(既存店)
大型店計 1,718,942 1,735,623 ▲1.0 ▲1.3
  百貨店 651,356 672,959 ▲3.2 ▲1.4
スーパー 1,067,586 1,062,663 0.5 ▲1.2


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 総務企画部 企画調査課