ホーム > 経済動向・統計経済概況 / 企画調査課 > 最近の管内経済概況

民間設備投資

~ 減少している ~



 28年度の設備投資計画は、高水準だった前年度の反動から、製造業、非製造業ともに前年度を下回る計画となっている。なお、29年度計画は、前年度を上回る計画となっている。

グラフ:日銀短観の設備投資動向(製造業、非製造業別)

法人企業景気予測調査(設備投資)

平成29年3月10日発表
対前年(同期)比
増減率(%)
28年度
(見込み)
29年度
(計画)
 
上期 下期
全産業 ▲13.1 10.3 24.1 0.5
製造業 ▲22.6 44.3 2.0倍 8.1
非製造業 ▲7.7 ▲10.9 ▲18.5 ▲4.8
(資料:北海道財務局)
注)ソフトウェア投資額を含み、土地購入額を除く。

【企業ヒアリング内容】

  • 製造業
    • 建設需要の増加と人手不足に対応するため、ロボット溶接システムを導入した。(金属製品製造業)
    • 海産物を主体とした飲食、物販店に水族館を併設した複合施設を建設する。(食料品製造業)
  • 非製造業
    • 北海道新幹線開業に伴う観光客の増加に対応するため、商業施設を併設したホテルを建設する。(建設業)


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 総務企画部 企画調査課