ホーム > 経済動向・統計経済概況 / 企画調査課 > 最近の管内経済概況

生産活動

~ 持ち直しの動きがみられる ~



 3月の鉱工業生産は、前月比▲0.3%と2か月ぶりの低下となった。
 台風被害復旧工事等から建設資材の生産が増加したものの、生産体制見直しにより情報機器や水産物の不漁により発泡スチロール製品の生産が減少した。

グラフ:鉱工業生産指数

【企業ヒアリング内容】

  • 現在の状況
    • 道内外の大型建設需要により、鉄骨の生産が増加した。(金属製品工業)
    • 期間限定の新製品の発売により、ビールの生産が増加した。(食料品工業)
  • 先行き
    • 道内の大型建設需要により、夏頃まで建設用部材の生産が続く見込み。(金属製品工業)
    • 台風被害復旧工事向けで、護岸用コンクリートブロックの生産が引き続き増加見込み。(窯業・土石製品工業)


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 総務企画部 企画調査課