ホーム > 経済動向・統計経済概況 / 企画調査課 > 最近の管内経済概況

観光

~ 持ち直しの動きがみられる ~



 11月の来道客数は、前年同月比で+1.3%と3か月ぶりに前年を上回った。また、道内外国人入国者数は、同▲5.5%と3か月連続で前年を下回った。

グラフ:来道客数推移

【ヒアリング内容】

  • 現在の状況
    • 9月の地震発生直後は、国内外からの観光客が大きく減少したが、10月の「北海道ふっこう割」導入を機に、落ち込んでいた旅行需要が盛り返しており、現在は観光客が戻ってきている。(宿泊業)
  • 先行き
    • 旭川空港国際線ターミナルがオープンしたが、現在の定期就航が1路線のため、新たな定期就航やチャーター便の増などによる、外国人観光客の入り込み数増加に今後期待したい。(関係機関)
    • 落ち込んでいた外国人観光客もかなり回復してきており、1月の宿泊予約は大変良い動きで前年比でプラスとなる見込み。2月の春節や雪まつり期間の宿泊予約も好調に伸びている状況。(宿泊業)


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 総務企画部 企画調査課