ホーム > 経済動向・統計産業別動向 / 企画調査課

北海道専門量販店販売動向
(2019年6月速報)

2019年8月9日
経済産業省北海道経済産業局


 当月の家電大型専門店販売額は116億30百万円で、前年同月比+7.7%。ドラッグストア販売額は235億76百万円で、前年同月比+5.6%。ホームセンター販売額は116億53百万円で、前年同月比+2.0%となった。

販売額及び前年同月比増減

(単位:百万円・店・%)
家電大型専門店 ドラッグストア ホームセンター
当月 前年
同月比
当月 前年
同月比
当月 前年
同月比
販売額 11,630 7.7 23,576 5.6 11,653 2.0
総店舗数 91 1.1 696 3.0 209 0.5
▲はマイナスを示す。

グラフ画像:家電大型専門店販売額及び販売額の増減率の推移

グラフ画像:ドラッグストア販売額及び販売額の増減率の推移

グラフ画像:ホームセンター販売額及び販売額の増減率の推移

この調査の対象となる企業は、以下のとおりです。

家電大型専門店:
日本標準産業分類に掲げる電気機械器具小売業(中古品を除く)又は電気事務機械器具小売業(中古品を除く)に属する事業所を有する企業で、家電大型専門店(売場面積500m2以上)を10店舗以上有する企業。
ドラッグストア:
日本標準産業分類に掲げるドラッグストアに属する事業所を有する企業で、ドラッグストアを50店舗以上有する企業もしくはドラッグストアの年間販売額が100億円以上の企業。
ホームセンター:
日本標準産業分類に掲げるホームセンターに属する事業所を有する企業で、ホームセンターを10店舗以上有する企業もしくはホームセンターの年間販売額が200億円以上の企業。


ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 総務企画部 企画調査課