中小企業支援-ミラサポ(専門家派遣事業)

 経済産業省中小企業庁では、中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイト「ミラサポ」を設置し、支援メニューの一つとして、中小企業・小規模事業者の経営に関わる専門家を年間3回まで派遣しています。(事業承継/IT導入に係る課題の場合に限り5回まで派遣可能)

対象者

中小企業・小規模事業者

  1. 資本金又は従業員が次の業種ごとに定める額又は人数以下の会社及び個人
    • 製造業その他(以下に掲げる業種を除く):3億円 300人
    • 卸売業:1億円 100人
    • 小売業:5千万円 50人
    • サービス業:5千万円 100人
    • ゴム製品製造業:3億円 900人
    • ソフトウェア業又は情報処理サービス業:3億円 300人
    • 旅館業:5千万円 200人
  2. 中小企業団体の組織に関する法律(昭和32年法律第185号)第3条第1項に規定する中小企業団体。第三条の法律による中小企業団体は、次に掲げるものとなります。
    • 事業協同組合
    • 事業協同小組合
    • 信用協同組合
    • 協同組合連合会
    • 企業組合
    • 協業組合
    • 商工組合
    • 商工組合連合会
  3. 特別の法律によって設立された組合又はその連合会であって、その直接又は間接の構成員たる事業者の3分の2以上が1.のいずれかに該当する者であるもの

    ※社会福祉法人、財団法人、社団法人、医療法人(医師・歯科医師等)、学校法人、宗教法人、任意団体、有限責任事業組合(LLP)、第三セクター等は対象外となります。

利用方法

  1. ミラサポ会員登録と企業情報登録
    専門家派遣を利用するためには、ミラサポ会員登録と企業情報登録が必要となります。
  2. 支援機関への経営相談
    お近くのよろず支援拠点又は地域プラットフォームに、一度経営に関する相談をしてください。支援機関が必要と判断した場合のみ専門家の派遣を行います。専門家派遣申請処理は支援機関が行います。
    【注意】
    • 支援機関への経営相談の前に専門家を派遣することはできません。
    • 相談は対面で行います。電話による相談はできません。
    • 支援機関が事業者の経営課題に対応した適切な専門家の選定を行います。事業者が専門家を指定することはできません。
  3. 支援を受ける日程の調整
    支援日程の調整を支援機関と行ってください。専門家との調整は支援機関が行います。

よろず支援拠点

 複雑・高度・専門的な経営課題を抱える中小企業・小規模事業者に対し、ニーズに応じたきめ細かい支援サービスをワンストップで提供する経営相談窓口です。

地域プラットフォーム

 地域プラットフォームとは、中小企業庁・北海道経済産業局が認定した、地域の中小企業支援機関による中小企業者等支援のための連携体です。
 地域プラットフォームは、本事業の専門家派遣事業の窓口機能を担う他、その構成機関が連携して地域における“膝詰め”の経営相談対応等の取り組みを行います。  お近くの地域プラットフォームをお探しの方は、以下をご覧ください。

専門家派遣事業の問い合わせ先

  • (株)パソナ 専門家派遣事業事務局
  • TEL:03-5542-1685