令和4年度 産業技術実用化開発事業費補助金(宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業)衛星データ利用環境整備・ソリューション開発支援事業の第2回公募を開始しました

募集を締め切りました

2022年9月30日
経済産業省北海道経済産業局

 (一財)宇宙システム開発利用推進機構では、衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」上に搭載した衛星データの利用を促進し、衛星データ利用ビジネスの裾野拡大を目的として、地方公共団体又は民間企業等が行う様々な産業・地域の課題の解決に資する衛星データ利用ソリューションの開発に対する補助金の第2回公募を開始しました。

事業概要

【補助対象事業】
経済産業省が選定した北海道、富山県、福井県、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、鹿児島県の一部地域において、産業・地域の課題解決に資する衛星データ利用ソリューション開発のための事業
【補助対象者】
民間企業等
【北海道の実証地域】
枠で囲まれた地域 ※道内であれば、枠外も検討しますので、相談ください。

画像:北海道の実証地域

【実証地域において搭載準備をしている有償衛星データの種類】
  • <光学衛星>アクセルスペース「GRUS」、Maxar「WorldView/GeoEye」シリーズ、Airbus「Pleiades」シリーズ、CNES「SPOT」シリーズ
  • <SAR衛星>JAXA「ALOS-2」、Synspective「StriX」シリーズ、QPS 研究所「イザナギ」「イザナミ」、JEOSS「ASNARO-2」
【補助対象経費】
人件費、事業費(旅費、会議費、謝金、備品費、有償データ購入費、借損料、消耗品費、印刷製本費、補助人件費、外注費等)、委託費
【補助金上限】
500万円
【補助率】
1/3以下

採択予定件数

9件程度

事業期間

交付決定日~2023年2月28日(火)

公募期間

2022年9月30日(金)~10月17日(月)12:00

公募要領等

公募説明会

提出・問い合わせ先

(一財)宇宙システム開発利用推進機構 担当:梅里、今井
E-mail:subsidy2022(at)jspacesystems.or.jp(メール送信時は(at)を@に置き換えてください。)
経済産業省製造産業局宇宙産業室 担当:水上、早馬
E-mail:uchu-satellitedata@meti.go.jp

参考

ページの先頭に戻る